オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
“A+D級”パワーアンプ「STA-9」も登場

NuPrime、11.2MHz DSD対応DAC「DAC-9」、A級ヘッドホンアンプ「HPA-9」など3機種

編集部:小澤貴信
2016年01月28日
フューレンコーディネートは、NuPrimeのDAC、パワーアンプ、ヘッドホンアンプ/プリアンプを2月24日より発売する。

・「DAC-9」USB-DAC ¥110,000(税抜)
・「HPA-9」ヘッドホンアンプ/プリアンプ ¥95,000(税抜)
・「STA-9」ステレオ・パワーアンプ ¥95,000(税抜)

3機種共に、同社のプリメインアンプ「IDA-8」(関連ニュース)と同サイズのコンパクトな筐体を採用。カラーは、ブラックとシルバーを用意する。

11.2MHz DSD対応のUSB-DAC/プリアンプ「DAC-9」

「DAC-9」シルバー

「DAC-9」ブラック

「DAC-9」は、11.2MHz DSDや384kHz/32bit PCMの再生に対応したUSB入力を備えたD/Aコンバーター。DSDはASIO2.1とDoPをサポート。デジタル入力はUSB-Bに加えて、192kHzまでの同軸、光、AES/EBUを搭載する。同軸および光デジタル入力は、2.8MHz DSDのDoP入力にも対応しており、同社のOmniaポータブルデバイスをサポートするとのこと。

プリアンプ機能も搭載しており、アナログ入力(RCA)も搭載。出力はXLRバランス、RCAアンバランスを1系統ずつ備えている。

背面端子部。新たにXLR端子も搭載

プリアンプ部は、同社プリアンプのハイエンドモデルの技術を継承。ボリュームには、どの音量でも1箇所の抵抗のみを通過する、EPGA採用・高精度スイッチ抵抗ラダーネットワークを採用。99ステップ(0.5段刻み)による音量調整が可能だ。また、プリアンプと接続する際は音量固定(0dB)のスルーアウトも設定できる。

D/Aコンバーターには、32bit DAC「AK4490EQ」を採用。低ジッターと低歪みを実現したというNuPrime SRC IC チップも搭載しており、入力信号はメガヘルツ規模までEPGA処理でアップサンプリングして処理を行う。

その他、低ノイズのJFETを入力段に採用したことや、独自の除振アイソレーションフットを搭載したことも特徴だ。

なお、リモコンが付属する。再生周波数帯域は10Hz〜80kHz、全高調波歪率は0.0015%、ダイナミックレンジは-113dB以下。外形寸法は235W×55H×281Dmm、質量は2.3kg。

A級設計のヘッドホンアンプを搭載した「HPA-9」

「HPA-9」シルバー

「HPA-9」ブラック

「HPA-9」は、同社の上位ヘッドホンアンプ/DAC「DAC-10H」をベースとしており、非フィードバックの純A級出力段によるヘッドホンアンプを搭載。16Ω〜1,000Ωという幅広いインピーダンスに対応する。またシングルエンドのJFET入力段回路設計により、優れた二次高調波を生成。高入力インピーダンスと超低入力バイアス電流を供給することで、高いスルーレートも誇っているという。

ヘッドホン出力は、ステレオ標準端子を2系統、ステレオミニ端子を1系統備えており、3系統の同時出力も可能となる。

背面端子部

アナログ入力はRCAアンバランスを2系統搭載。2系統のアナログ出力も搭載している。フォノ入力(RIAA)も備え、MM/MCの切り替えも可能だ。リモコンも付属する。外形寸法は235W×55H×281Dmm、質量は2.5kg。

出力120W×2の“A+D級”設計ステレオパワーアンプ

「STA-9」シルバー

「STA-9」ブラック

STA-9は、出力120W×2のステレオ・パワーアンプ。ブリッジ動作により、出力290Wのモノラルパワーアンプとしても使用できる。同社「IDA-8」から継承したULCAM(Ultra Linear Class A Module)+D級設計(同社は“A+D級設計”と呼称)を採用。D級のパワー段と調和する高インピーダンス・シングルエンドアンプ回路を組み合わせることで、D級アンプのスピード感や透明感と、A級増幅らしい暖かみのある音質を両立させたという。また、真空管アンプと同様の特性を実現する偶数ハーモニック(H2)回路を備えている。

また、本機をはじめとする同社のアンプ回路は、パルス幅変調を生成するために自己発振回路を使用することで。従来のD級アンプ設計を改善。アンプ部には、高能率トロイダルトランスを搭載した新リニア電源を採用し、550kHzでスイッチングを行することで、高周波ノイズの問題も軽減。脚部には、やはりアイソレーションフットを備え、振動による悪影響を排除している。

背面端子部

入力端子はXLRバランス、RCAアンバランスを1系統ずつ搭載。スピーカー端子は1組を備え、Yラグ、バナナプラグにも対応する。

S/Nは< ー80dB(1W, 10W, 100W)、THD+Nは0.02%(Stereo)/0.01%(Mono)、再生周波数帯域は10Hz〜50kHz。外形寸法は235W×55H×281Dmm、質量は4.8kg。
新着記事を見る
  • ジャンルD/Aコンバーター
  • ブランドNuPrime
  • 型番DAC-9
  • 発売日2016年2月24日
  • 価格¥110,000(税抜)
【SPEC】●入力端子:USB×1、同軸デジタル×1、光デジタル×1、AESバランス×1、アナログステレオRCA×1 ●出力端子:ステレオRCA×1、ステレオXLR×1、光デジタル×1 ●再生周波数帯域:10Hz〜80kHz ●全高調波歪率:0.0015% ●ダイナミックレンジ:-113dB以下 ●外形寸法:235W×55H×281Dmm(端子、脚含む) ●質量:2.3kg
  • ジャンルその他
  • ブランドNuPrime
  • 型番HPA-9
  • 発売日2016年2月24日
  • 価格¥95,000(税抜)
【SPEC】●入力端子:Phono×1、アナログステレオRCA×2 ●出力端子:3.5mmステレオミニ×1、6.3mm標準ステレオ×2 ●THD+N:<-110dB(1kHz/最大ゲイン) ●再生周波数帯域:0Hz〜200kHz(-3dB) ●外形寸法:235W×55H×281Dmm(端子、脚含む) ●質量:2.5kg
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドNuPrime
  • 型番STA-9
  • 発売日2016年2月24日
  • 価格¥95,000(税抜)
【SPEC】●入力端子:RCAアンバランス×1、XLRバランス×1 ●スピーカー出力端子:バインディングポスト(Yラグ、バナナプラグ対応) ●出力:120W×2、290W×1(4&8Ω) ●入力インピーダンス:47kΩ ●ゲイン:22 ●S/N比:<-80dB(1W,10W,100W) ●THD+N:0.02%(Stereo)、0.01%(Mono) ●再生周波数帯域:10Hz〜50kHz ●外形寸法:235W×55H×281Dmm(端子、脚含む) ●質量:4.8kg

関連記事