オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
出力アップさせたスペシャルエディション

OCTAVE、ペア1100万円の真空管パワーアンプ「Jubilee Mono SE」

編集部:小野佳希
2015年12月08日
フューレンコーディネートは、独OCTAVEのOCTAVEのフラグシップパワーアンプ「Jubilee Mono」のスペシャルエディション機「Jubilee Mono SE」を発表。12月17日より1,100万円(ペア・税別)で受注を開始する。

Jubilee Mono SE

5極管構成のクアトロ(4×4)プッシュプル モノパワーアンプ。2009年に発売した「Jubilee Mono」(関連ニュース)の特別モデルで、4Ω時の出力を250Wから400Wへと上げ、真空管も出力管をKT120×8、ドライバー管をECC82×3へと変更するなどしている。なお、ピーク出力は450Wで、「OCTAVEの特性はそのままに、明確なリズムで片チャンネル440Wを安定して取り出せるようになっている」という。

背面部

非常に複雑な出力トランスを考案したとのことで、シングルトランス用の巻き線行程だけで丸1日かかるほどだと説明。また、突入電流を防止する電力管理システムを採用するほか、10分以上入力信号が検知されない場合にはアンプは自動的にスタンバイモードに切り替える機能も備えている。スタンバイモードでは高電圧はスイッチオフされ、入力段のみが電圧下にあるため、オーディオファイル向けと言えるとアピールしている。

バイアス設定は8つの10回転ポテンショメータ(真空管1本につき1つ)で行い、これらは全てシャーシの上段にディスプレイ表示される。ロータリースイッチで真空管を1本1本選択し、個別に本体の背面にあるポテンショメータで正しい数値に調整できるようにしているとのことだ。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドOCTAVE
  • 型番Jubilee Mono SE
  • 発売日2015年12月17日
  • 価格¥11,000,000(ペア・税別)
【SPEC】●使用真空管:KT120×8、ECC82×3 ●出力:400W(4Ω)、>450Wピーク出力(4Ω) ●再生周波数帯域:10Hz〜80kHz ±0.5dB ●入力インピーダンス:RCA…90kΩ、XLR…15kΩ ●入力感度:2V(フル変調) ●全高調波歪率:0.1%以下/10W 4Ω時 ●S/N比:103dB以上 ●ゲイン:+28dB ●入力端子:RCA×1、XLR×1 ●出力端子:バインディングポスト×2 ●消費電力:最小420W(無出力信号時)、最大800W(フルパワー時) ●外形寸法:280W×707H×484Dmm ●質量:66kg

関連記事