オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「HIT-ST10」の後継

KITHIT、振動素子を改善した新スーパートゥイーター「HIT-ST20」

編集部:小野佳希
2015年12月07日
ブライトーンは、KITHITのスーパートゥイーター「HIT-ST20」を発売した。価格は 389,400円(ペア・税抜)。プラス15,000円(税抜)でのオプション色としてブラウン、ワインレッド、ブラックを選択することもできる。

HIT-ST20

従来モデル「HIT-ST10」の振動素子を改善した新モデル。電極部金属材の見直しおよびフィルム膜厚の変更により、従来製品に見られたディップが改善されたとのことで、これにより「繋がりが良くなり、スムーズに超高域まで音が伸びるだけでなく、色気のある中域が張り出してくるようになった」としている。

また、「HIT-ST1」に搭載している合成高分子素材フィルムも使用。これによって、減衰の少ない平面波による素早い音の立ち上がりを実現し、リニアリティとハイトランジェントを両立させたという。

同社では、「お手持のスピーカーにHIT-ST20を追加することで高い帯域を補正するだけでなく、楽器の低音成分の再現性が見違えるほど向上し、中低域の再現性が飛躍的に向上する」と説明。「HIT-STシリーズの出力平均音圧レベルは86db/w/mだが、通常のスーパートゥイーターのように球面波(距離の二乗で減衰)でなく、平面波(距離に比例して減衰)を発生させる為、能率の良いスピーカーと合わせても問題なく効果を発揮する」としている。

定格インピーダンス(16kHz)は8Ωで、最大許容入力(16kHz)が20W、再生周波数帯域が16kHz〜100kHz。ローカット周波数は16kHzで、注文時に設定変更を行うことも可能。

なお、既存のHIT-ST10、HIT-ST1、HIT-ST1Wは2016年3月まで並行して生産した後に、生産終了となる予定。
新着記事を見る
  • ジャンルスーパートゥイーター
  • ブランドKITHIT
  • 型番HIT-ST20
  • 発売日2015年12月
  • 価格¥389,400(ペア・税抜)
【SPEC】●使用ユニット:円筒構造の合成高分子振動素子 ●定格インピーダンス:8Ω(16kHz) ●最大許容入力:20W(16kHz) ●再生周波数帯域:16kHz〜100kHz ●外形寸法:130W×160H×130Dmm ●質量:920g

関連記事