オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
発売日・価格は未定

第2世代TESLA搭載で32Ω。Astell & Kernとbeyerdynamicのコラボヘッドホン「AK T1p」

編集部:風間雄介
2015年10月16日
(株)アユートは、第2世代TESLAテクノロジーを搭載したセミオープン型ヘッドホン「AK T1p」を発表した。発売日や価格は未定。独ハイルブロンのbeyerdynamicで開発・生産を行う。

「AK T1p」

横からも見たところ

beyerdynamicが新開発した新フラグシップモデル「T1 2nd Generation」をベースに、Astell & Kernとコラボし、32Ωという低インピーダンス設計としたモデル。これにより、高出力ヘッドホンアンプが不要となり、ポータブルオーディオプレーヤーでの使用が可能になった。

ドライバーは前述の通り第2世代のTESLAテクノロジーを採用。マグネット内の磁束密度を高め、再現力を高めた。またバッフルデザインの最適化に加え、素材の見直しも実施し、さらなる共振の抑制も実現した。

第2世代のTESLAテクノロジーを備えたドライバーを搭載

ケーブルは7N OCC線を採用しており、着脱が可能。通常の3.5mm3極ケーブルのほか、2.5mmの4極ケーブルも付属し、対応プレーヤーからのバランス入力にも対応する。

装着イメージ

周波数特性は5Hz〜50kHz、インピーダンスは32Ω、音圧レベルは102dB。質量は360g。

なお本機は10月24日、25日に開催される「秋のヘッドフォン祭2015」のアユートブースにも出展される。

【問い合わせ先】
アイリバーサポートセンター
TEL/0570-002-220

関連記事