オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ゴムによるフローティング・モーター構造を採用

ナスペック、Pro-Jectのアナログプレーヤー「Debut Carbon」。カーボン製アーム搭載のスタンダード機

編集部:小澤貴信
2015年08月31日
ナスペックは、Pro-Jectのベルトドライブ式アナログレコードプレーヤー「Debut Carbon」を9月1日より発売する。価格は98,000円(税抜)。カラーはブラック、ホワイト、レッドの3色を用意する。

「Debut Carbon」ブラック


「Debut Carbon」レッド

「Debut Carbon」ホワイト

「Debut」は、Pro-Jectのアナログプレーヤーのスタンダードシリーズ。「Debut Carbon」はシリーズ初となるカーボン製トーンアームを備えたことが特徴だ。

本機はカーボン製トーンアーム「8,6 Carbon Tonearm」(長さ218.5mm)を採用。カートリッジを直接ヘッドシェルに取り付けるタイプとなる。上位機種にも用いられているアームで、アルミニウムに比べ軽量かつ高剛性であるカーボンを使用。不要な共振を排除する優れた特性も持っているという。アームは両サイドからサファイアベアリングによる軸受け式で支持。アームダンピングを低減し、高いトレース精度を獲得している。

カーボン製トーンアーム「8,6 Carbon Tonearm」を採用

ターンテーブル部は、ゴムによるフローティング・モーター構造を採用。宙に浮いたモーターは接地面から台座に及ぶ振動からセパレートされ、不要な振動をプラッターに伝えることを防いでいる。高精度のクロームコーティングされたステンレススチール製のセンタースピンドルと、ソーサーを設けたベアリングは、回転摩擦を極めて低く抑えており、さらに精度の高い低ノイズモーターを採用することでサブプラッターのスムーズな回転を可能としている。

ゴムによるフローティング・モーター構造を採用

メインプラッターは重厚なスチール製で、重量約1.6kg。十分な重量を持たせたことにより、優れた耐振動性と慣性力を獲得し、高い回転の安定性を実現している。カートリッジはOrtofon「2M Red」を標準装備している。

カートリッジはOrtofon「2M Red」を標準装備

ベルトのかけ替えで33、45回転に対応する。回転数偏差は+/- 0,80%、ワウフラッターは+/- 0,10%、S/Nは68dB。外形寸法は415W×118H×330Dmm(ダストカバー含む)、質量は7.2kg。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルADプレーヤー
  • ブランドPro-Ject
  • 型番Debut Carbon
  • 発売日2015年9月1日
  • 価格¥98,000(税抜)
【SPEC】●駆動方式:ベルトドライブ ●回転:33.45r.p.m ●回転数偏差:±0.8% ●ワウフラッター:±0.1% ●S/N比:68dB ●トーンアーム寸法:8.6インチ(218.5mm) ●オーバーハング:18.5mm ●外形寸法:415W×118H×330Dmm(ダストカバー含む) ●質量:5.5kg(ダストカバー含む)

関連記事