オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
左右独立ツイストペアケーブル構造を採用

サエク、PC-Triple C導体採用のリケーブル - MMCX/Fit Ear向けを用意

編集部:小澤貴信
2015年03月20日
サエクコマースは、PC-Triple C導体を採用したイヤホン交換ケーブル「SHC-120シリーズ」を3月25日より順次発売する。

・MMCXプラグ採用モデル「SHC-120FS」 3月25日発売
 0.8m/¥11,000、1.2m/¥12,700(税抜)
・Fit Ear用プラグ採用モデル「SHC-120FF」 5月10日発売
 0.8m/¥15,000、1.2m/¥16,700(税抜)

SHC-120シリーズ

本機は同社のイヤホン交換ケーブル「SHC-100」シリーズのコンセプトを継承しつつ、導体には新たにPC-Triple Cを採用している。

絹糸を介在させた左右独立ツイストペアケーブル構造はSHC-100から引き続き採用。ノイズの影響を抑え、セパレーションも向上させた。PR-Triple Cによる導体の断面積は0.06sqで、導体絶縁体には比誘電率の低いフッ素樹脂を採用している。シースにはオレフィン系樹脂を用い、ケーブル外径はφ2×4mmとした。

PC-Triple C(関連ニュース)は、独自の定角連続移送鋳造法により、結晶粒界や結晶構造を長手方向に変化させ、結晶同士のつながりを連続化させることで、スムーズな信号伝送を実現した新素材。

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドSAEC
  • 型番SHC-120FS
  • 発売日3月25日
  • 価格0.8m/¥11,000、1.2m/¥12,700(税抜)
【SPEC】●MMCXプラグ採用モデル ●導体の断面積:0.06sq ●導体絶縁体:比誘電率の低いフッ素樹脂 ●シース:オレフィン系樹脂 ●ケーブル外径:φ2×4mm
  • ジャンルその他
  • ブランドSAEC
  • 型番SHC-120FF
  • 発売日5月10日
  • 価格0.8m/¥15,000、1.2m/¥16,700(税抜)
【SPEC】●Fit Ear用プラグ採用モデル ●導体の断面積:0.06sq ●導体絶縁体:比誘電率の低いフッ素樹脂 ●シース:オレフィン系樹脂 ●ケーブル外径:φ2×4mm

関連記事