オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
フォステクスは平面駆動ヘッドホン「TH500RP」などを展示

【ポタ研】ゼンハイザー、「MOMENTUM In-Ear」やCXシリーズ新モデルを披露 。URBANITEの各色も出展

ファイル・ウェブ編集部
2015年02月14日
フジヤエービック主催のポータブルオーディオイベント「ポータブルオーディオ研究会 2015冬(ポタ研)」が中野サンプラザで開催された。本記事では、ゼンハイザー、フォステクスのブース内容をレポートする。

ゼンハイザーはMOMENTUM In-Ear」や、“CXシリーズ”新モデルを披露

ゼンハイザーは、新イヤホン「MOMENTUM In-Ear」や、“CXシリーズ”の新ライン上位機種「CX 5.00」など、発売を目前に控えた新製品を先行展示。そのサウンドを確認することができた。

MOMENTUM In-EarはMOMENTUMシリーズ初のカナル型イヤホン。人間工学に基づいてハウジングを耳に対して15度傾けるなど、装着感にも配慮している。周波数特性は15Hz〜22kHzで、インピーダンスが18Ω、音圧レベルが118dB。質量は約16g、ケーブル長は1.2mとなる。

「MOMENTUM In-Ear」

ゼンハイザーの定番モデルと言えるCXシリーズには「CX 5.00」「CX 3.00」「CX 2.00」「CX 1.00」の4モデルを新投入する。最上位のCX 5.00はホワイトとブラックの2色を用意。CX 3.00は「正確な音の再現力と低域の良さ」が特徴だという。CX 2.00はボディ部が「5.00」に近いデザインとなっている。エントリーモデルであるCX 1.00は「パンチの効いた深い低域表現がパワフルな音楽体験をもたらす」とのことだ。

「CX 5.00」

「CX 3.00」


「CX 2.00」

「CX 1.00」

昨年12月に発売されたばかりの「URBANITE」「URBANITE XL」も展示。「URBANITE」はアラウンドイヤー型、「URBANITE XL」はオンイヤー型で、いずれも高いデザイン性と低音豊かなバランス良いサウンドを兼ね備えたことを特徴としている。

「URBANITE XL」

「URBANITE」

折りたたむことも可能で、サイズを調整するスライダー部分には高品質ステンレススチール素材やアルミニウムを使用して耐久性も考慮。カラーバリエーションも豊富で、ブラック/デニム/サンド/プラム/ネーションの5色を用意する。

その他、ヘッドホンでは「MOMENTUM」や「MOMENTUM On-Ear」、イヤホンでは「IE 800」「IE 80」など、同社の定番モデルも出展されていた。

「MOMENTUM」と「MOMENTUM On-Ear」

「IE 800」

フォステクスは平面駆動ヘッドホン「TH500RP」やBAイヤホン「TE-07」を出展

フォステクスのブースでは、昨年8月に発売された平面駆動ヘッドホン「TH500RP」(関連ニュース)や昨年12月に発売されたばかりのBA型イヤホン「TE-07」(関連ニュース)を中心に出展を行った。

「TH500RP」と「TH600」

「TE-07」

また、フラグシップヘッドホン「TH900」や、USB-DAC内蔵ヘッドホンアンプ「HP-A8」「HP-A4」、真空管ポータブルヘッドホンアンプ「HP-V1」などのデモも行っていた。

ヘッドホンアンプの各モデルも展示

「HP-V1」

関連記事