オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
質量は100kgオーバー

【CES】CASから陶器製スピーカー「櫓 -yagura-」が世界初登場

オーディオアクセサリー編集部 筑井真奈
2015年01月13日
米国ラスベガスにて現地時間1月9日まで開催された「2015 International CES」。エンクロージャーに陶器を用いた独自のスピーカーでおなじみのCASは、密閉型3ウェイスピーカーシステム「櫓 -yagura-」を、世界初デビューとして出展していた。

日本的な意匠をあしらった展示ブース

高さは1140mm

同社では、剛性が高く内部損失が少ない陶器の特徴から、歪みが少なく押し出しの強い音が実現できることに着目し、これまでにもOPTIMISTAなど陶器を用いたモデルを開発してきた。「櫓 -yagura-」はこれまでで最大の大きさのモデルになる。

表面のデザインの細やかさにも注目

櫓の背面端子

聖新陶芸(株)代表の伊勢谷氏は、CASのスピーカーがどんどん大型化している点について「やれることをやっていたらどんどん大きくなってしまった」と自社の開発技術を誇らしげに語った。国内はもとより、海外のバイヤーからも非常に高い注目を集めているという。

聖新陶芸代表の伊勢谷さん

メインのミッドウーファーはメタルコーンを採用し、陶器の高い剛性で支持。インピーダンスは8Ωで、質量はひとつあたり100kg。価格は要問い合わせとのこと。

こちらの製品の詳細については、次号の『オーディオアクセサリー誌』でもレポートをお届けする予定なので、合わせてチェックして欲しい。

関連記事