オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
12月20日。オンキョー八重洲ビル「Gibson Brands Showroom TOKYO」にて

ティアック「TN-350」の実力を探る!「年忘れ八重洲“レコード聴きまくり”大会」開催

季刊analog編集部
2014年12月09日

ティアックの新型アナログプレーヤー「TN-350」を使用したアナログ試聴会「年忘れ八重洲“レコード聴きまくり”大会」が、東京・八重洲のオンキョー八重洲ビルの「Gibson Brands Showroom TOKYO」にて12月20日(土)に開催されている。

TN-350は、フォノイコライザーアンプを内蔵し、USB出力端子も搭載ながら実売5万円台のエントリー価格帯を実現したアナログプレーヤー。今回の試聴会はオーディオ評論家の田中伊佐資氏と、ディスクユニオンJazzTOKYOの生島昇氏のトークで進行する予定。興味のある方は足を運んでみよう。

「年忘れ八重洲“レコード聴きまくり”大会」
TEAC新型プレーヤーTN-350の実力を探る!!


■トーク&レコード紹介
オーディオ・ライター田中伊佐資
ディスクユニオンJazzTOKYO店長 生島昇

■内容
・レコードを聴きたいけど、手ごろなプレーヤーが見つからない。。。そんな方へ、待望の高性能エントリークラスTN-350が登場!!その実力を探る!
・日ごろからアナログまみれの二人が次々とレコードをかけながら、その魅力を語る!

■日時
12月20日(土)
前半15:00〜16:00
後半17:00〜18:00

■会場
Gibson Brands Showroom TOKYO
中央区八重洲2-3-12 オンキョー八重洲ビル

■入場無料
2Fイベントスペースにて、入退場自由

関連記事