オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「THE NEXT STEP」と銘打つモデル

【独HighEnd】オクターブ、最新プリアンプ「HP700」発表

季刊ネットオーディオ編集部 浅田陽介
2014年05月18日
現地時間の5月15日よりドイツ・ミュンヘンにて開催されている「Munich High End 2014」。地元のアンプブランドであるオクターブのブースでは、同社プリアンプの最新モデル「HP700」が発表された。

OCTAVEの最新プリアンプ「HP 700」

HP 700は、同社が「THE NEXT STEP」と銘打ってリリースしたモデルで、随所に新しい機能を搭載。ラインステージには25/18/12dBの3つのゲインが用意されており、組み合わせる機器のベストなパフォーマンスを引き出せる仕様としている。

また、低ノイズかつ安定した電圧を供給する回路と別筐体で用意された電源部によるPSUテクノロジーは最新のものを使用。強力かつ安定した電源環境を構築したと同時に、ソフトスタートテクノロジーを組み合わせたことにより真空管の寿命をおよそ12年伸ばすことができたという。

HP 700の内部回路。写真右奥に見えるのがモジュール部となる。写真はLINE INモジュールとMC STEP UPモジュールを装備している

HP 700の最大の特徴となるのは、INPUT 1とINPUT 2にモジュラー式を採用していることだ。このモジュラーは、ライントランスを装備させたXLR入力、RCAとXLRを各一系統入力させるLINE INモジュール、MM Phonoモジュール、MCフォノモジュール、そしてMC昇圧トランスを内蔵し細かなゲイン切り換えも可能としたMC Step Upモジュールの5つが用意されている。

HP 700のリアパネル。入力1、2にモジュールを挿入する仕組みとなっている。電源は外部電源を使用

モジュールは挿入後ネジで固定する仕組みを採用する

なおボリュームやセレクターといった操作系回路にも、極限までロスを省いた構造を採るべく徹底したアップグレードなど、随所にオクターブの最新テクノロジーが満載された内容となっている。

関連リンク

関連記事