オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

フォステクス、新ミッドレンジ採用のスピーカー「GX250MG」を正式発表

ファイル・ウェブ編集部
2012年10月18日
フォステクスは、新スピーカー「GX250MG」を11月上旬より発売する。価格は499,800円(1台・税込)。カラーはワインレッドとダークブラウンの2色を用意する。

GX250MG(ワインレッド)



GX250MG(ダークブラウン)

本機は、2010年に発売した「GX250」をベースに、聴感上の音質向上を目指したモデル。型番末尾の「MG」が示すとおり、99.9%マグネシウム振動板採用ミッドレンジユニットを搭載したのが大きな特徴だ。今年のハイエンドショウで実機が披露されていた(関連ニュース)。


ハイエンドショウで披露された実機
キャビネットとネットワークは「GX250」と同じもの。トゥイーターは25mm純マグネシウムリッジドーム形状振動板を採用。φ90mmフェライトマグネットとφ80mmブーストマグネットを使用した磁気回路と組合せている。

新ミッドレンジには、13cmの純マグネシウムHR形状振動板を採用。マグネシウムの純度を上げると減衰特性が良くなるが、加工時に裂けたり歪んだりしやすくなり、製造が難しいのだという。金属特有の鋭い鳴きや収まらない余韻などの癖を抑え、理想的な再生を実現するとのこと。

HR形状振動板を採用した25cmウーファーは、これまで搭載されていたブースターマグネットを省略するなどし、レスポンスを改善したとのことだ。

再生周波数帯域は40Hz〜40kHzで、最大許容入力が150W、インピーダンスが4Ω。外形寸法は336W×1,066H×389Dmm、質量は56kg。細かなところでは、本体下部に設けられたベーススタンドの形状デザインが変更されたほか、金属プレートを採用した点も特徴となる。
新着記事を見る
  • ジャンルスピーカーシステム
  • ブランドFOSTEX
  • 型番GX250MG
  • 発売日2012年11月上旬
  • 価格¥499,800(1台・税込)
【SPEC】●形式:3ウェイ・バスレフ型 ●出力音圧レベル::90dB/W(1m) 2.83V入力時 93dB(1m) ●再生周波数帯域:40Hz〜 40kHz ●インピーダンス:4Ω ●最大許容入力:150W ●クロスオーバー:320Hz,2500Hz ●外形寸法::336W×1,066H×389Dmm ●質量:56kg

関連記事