オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
シンタックスは「Fireface UCX」のiPad再生デモ

【ヘッドホン祭】v-modaからiPhone用ヘッドホンアンプや新ヘッドホン/オヤイデ、SHURE “SEシリーズ”用交換ケーブル初出展

ファイル・ウェブ編集部
2012年05月12日
5月12日、フジヤエービック主催のヘッドホンイベント「春のヘッドホン祭2012」が東京・青山で開催された。本稿では、フォーカルポイント、オヤイデ電気、シンタックスジャパン、バイオスケール、エムアイセブンジャパンのブースレポートをお届けする。

■フォーカルポイント

フォーカルポイントは、同社が取り扱うv-modaから、国内未発表となるiPhone 4/4S用バッテリーを搭載するジャケット型ヘッドホンアンプ「VAMP」を参考出展した。国内発売開始時期は6月頃を予定しており、55,000円程度での販売を想定しているという。

VAMP

本体の内側にはiPhone装着方法がしるされている

ベンチャークラフトから展開されている同型の製品をベースとしたモデルで、スタンダードなオーディオモードのほか、クラブサウンド寄りの「VQモード」に切替ができる点が大きなポイント。出力は150mA×2で、歪み率は<0.04%(@10mW)、SN比は95dB。インピーダンスは16Ω。音声出力端子は1系統で、ヘッドホン出力と光デジタル出力を併用する。バッテリーは2,200mAで、USB経由での充電に対応。本体質量は135g。

「VQモード」に切替が行える点が特徴

音声出力端子は1系統で、ヘッドホン出力と光デジタル出力を併用する

また、同社からはヘッドホンの新モデル「crossfade M-100」も参考出展された。こちらは今夏までに国内発売を予定しているモデルとのことで、価格等の詳細は未定とのこと。筐体はコンパクトに折りたたむことができる。

crossfade M-100

コンパクトに折りたたむことができる


既存機種crossfade M-80のホワイトモデルも
そのほか、Atomic Floydから「SuperDarts + Remote」や「miniDarts + Microphone」等の既発売モデルも一挙に出展し、積極的な試聴デモを実施していた。

ブースにはAtomic Floydのカナル型イヤホン製品もずらり


■オヤイデ電気

オヤイデ電気は、9階の試聴ブースと7階の販売ブースの2カ所に出展。9階の試聴ブースでは、SHUREのSEシリーズ用交換ケーブル「HPC-SE」を初公開。ブラック/レッド/シルバーの3色をラインナップしており、レッドモデルに関しては「SE535 Special Edition」にも合うよう配慮したカラバリだという。6〜7月頃の発売を予定しており、7〜8千円台の販売を見込んでいるという。長さは1.0mと1.3mをラインナップする。

HPC-SE

SE535 Special Editionにも合うようレッドモデルを用意

信号導体にはPCOCC-A(AWG26)を採用し、外径2.0mm/1芯シールドの2本平行ケーブルとしている。絶縁体にはフッ素樹脂を使用。シールドは、ブラック/レッドの2モデルはPCOCC-Aスパイラルシールド、シルバーモデルは銀メッキOFCによる編組シールドを採用している。外装はPbフリーPCV。コネクタはオヤイデ電気製の銀ロジウムメッキ「P-3.5SR」を備えている。

そのほか、ゼンハイザーのHD25用交換ケーブルも参考出展された。こちらは型番のほか、発売時期や価格等は未定となっている。

ゼンハイザー「HD25」用の交換ケーブルも参考出展

また、4月に発売されたばかりとなるFiioブランドの新ポータブルヘッドホンアンプ「Fiio E17」の試聴や販売も実施。さらに7階の販売ブースでは、現行の取り扱い製品を会場限定価格で販売していた。

Fiio E17

販売ブースでは、現行製品が会場限定特価で販売されていた


■シンタックスジャパン

シンタックスジャパンは、3月に発売されたRME社の36チャンネルUSB/FireWireオーディオインターフェース「Fireface UCX」を展示。試聴が行えるイベントへの出展は今回が初となるとのことで、iPadと接続して96/24再生を楽しめるデモを展開していた。

iPadをとFireface UCXを使用したデモを展開

そのほか、ブースには192kHz/24bit対応のUSB2.0オーディオインターフェース「Babyface」も出展されていた。

Babyfaceシリーズも


■バイオスケール

バイオスケールのブースでは、7月発売予定のポータブルヘッドホンアンプ“Bispa”「BSP-PHPA-05B」をメインに公開。価格は24,800円前後となる見込みで、ヘッドホン祭りの会場ではパイロット版モデルを10台限定で1万9,800円で販売していた。

BSP-PHPA-05B

BSP-PHPA-05Bの内部

昨年のヘッドホン祭で公開された「BSP-PHPA-03A(関連ニュース)」と基本仕様はほぼ同一ながら、最大出力40mA+40mAとし、高インピーダンスの大型ヘッドホンにも対応するよう配慮したモデルであることが特徴。内部には同社のオリジナルパーツをふんだんに使用している。

本体サイズは107W×27H×67Dmm。入出力端子は3.5mmステレオミニで、入力インピーダンスは約10kΩ。単4電池×4本で20時間以上駆動する事が可能としている。

そのほか、ブース内にはコネクタ製品等がずらり


■エムアイセブンジャパン

エムアイセブンジャパンは大型のモニターを使用し、レコーディングとプロダクション製品のパッケージとなる「AudioBox Studio」と、同セットに含まれるプロフェッショナル用モニターヘッドホン「HD7」をメインにフィーチャー。HD7は単品販売も行われている。

エムアイセブンジャパンブースのようす

HD7

そのほか、LPやカセットなどの録音から書き出しまでを6ステップで行えるBIAS社のソフト「SoundSaver」や、独PreSonus社の再生/録音/編集/マスタリングソフト「Studio One Pro」など、同社の主力製品のデモを行っていた。

関連リンク

関連記事