オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
日本でも夏前の発売を予定

<HighEnd2012>EAR、新製品DAC「DACUTE」を展示 − 開発中のSACDトランスポートによるデモも実施

オーディオアクセサリー編集部:立原良則
2012年05月06日
EAR Yoshinoのブースでは、DACの新製品「DACUTE」のほか、ヨーロッパでも高い人気を誇るEARの真空管オーディオ製品を一堂に会した展示を行っていた。

EARブースの様子。所狭しと製品が並ぶ

EAR製品の試聴ブース

「DACUTE」は、EARのサウンドポリシーでもある真空管とトランスによるカップリングにより、回路を構成したDAC。デジタル入力はCOAXIAL2系統、TOS1系統、USBを1系統装備。いずれの入力も192kHz/24bitの入力に対応するという。同社の吉野社長によれば、日本での発売は夏前を目指しており、クローム仕上げが¥837,900(税込)、ブラック仕上げが¥764,400(税込)となる見込みだ。

EARのDAC新製品「DACUTE」

また、同社の試聴ブースでは、現在開発中のSACDトランスポートとDACによる試聴でもが行われており、熱心なファンより質問が相次いでいた。

開発中のSACDトランスポートとDAC

また、日本のヨシノトレーディングでは、初夏より新たにイタリアのDIAPASON社のスピーカーの輸入を開始する予定もあるという。

この初夏よりヨシノトレーディングが輸入を開始する予定のイタリアのスピーカーブランドDIAPASON

DIAPASON日本上陸第一弾となる予定のスピーカー、「ASTERA」(写真右)

関連記事