オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
DSD対応ヘッドホンアンプ登場か

フォステクス、秋のヘッドフォン祭にヘッドホン「TH900」やヘッドホンアンプ「HP-A8」など出展

ファイル・ウェブ編集部
2011年09月26日
フォステクス カンパニーは、10月29日に開催される「秋のヘッドフォン祭 2011」に出展。新製品となる32bitDAC搭載ヘッドホンアンプ「HP-A8」、ヘッドホン「TH900」などの発表・展示を行う。

TH900

HP-A8

こちらの製品の詳細については10月上旬よりフォステクスホームページにて順次紹介されるとのこと。現在は外観写真のみが公開されている。

注目したいのは「HP-A8」のフロントパネル。ディスプレイ部分にうっすらと「DSD」「Fostex.dsf」と表示されており、DSDデコーダー機能を備えたヘッドホンアンプと推測される。

現在DSD音楽配信が着実に盛り上がりを見せているが、DSDのまま聴ける機器が限られてしまうのが問題のひとつ。もしHP-A8がDSDデコード対応機ならば、DSD音楽配信を楽しみたいと考えているユーザーにとって有力な候補のひとつになるはずだ。

詳細なスペックや価格、発売日など、疑問が次々に湧いてくる。発表を楽しみに待ちたい。

関連リンク

関連記事