オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「リジッド・テーブル」の特注仕様

アンダンテラルゴ、EMT927専用オーディオラックの特注発売を開始

季刊・analog編集部
2011年06月22日
アンダンテラルゴは、同社のオーディオラック「リジッド・テーブル」の特注品として、アナログプレーヤーの銘機「EMT927」専用仕様のオーディオラックの発売を開始した。

このEMT927専用仕様は、927-900サスペンションを使用せずに本体を直接、天板に組み込むことも可能なタイプと、サスペンションを生かすタイプの2通りの天板が用意されている。これに準じて、高さも低いもの(H=250)と標準の高さ(H=465)の仕様の2種類が揃っている。

●250タイプ: 高さ250mmで、927-900型サスペンションにEMT927を取り付け状態で天板に載せる仕様

●465タイプ: 高さ465mmで、EMT927本体のみを天板に直に組み込んだスタジオ仕様

両モデルともに他の「リジッド・テーブル」と同様に、椅子に座った状態でレコード面や針先が目線より少し下あたりに来る高さに設定され、レコードの演奏がしやすいように配慮されている。

465タイプ

250タイプ

なお、価格は両方とも399,000円(税込)で納期は3〜4カ月となっている。「EMT927」のユーザーで興味にある方は、同社のホームページをぜひとも参照して欲しい。

関連記事