オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
音展 in AKIBA 2009

ダイマジックのフロントサラウンド/陶器製バックロードホーンスピーカー/HANIWAの小型同軸スピーカー

Phile-web編集部
2009年11月13日
本項では富士ソフトアキバプラザ会場に出展するダイマジック、聖新陶芸、クボテックの展示を紹介する。

■ダイマジック

富士ソフトアキバプラザ会場の4階にブースを構えるダイマジックは、同社の独自開発の音響技術を搭載する製品を一同に紹介している。


DK-SBR510
同社オリジナルブランドの「KEPLER」からは、発売中の3chスピーカー「DK-SBR510」を展示。本機は3基のスピーカーを搭載し、自然なサラウンド感と高音質再生を実現。ステレオ2chの音源もアダプティブサラウンド技術により、臨場感あるサラウンド再生機能を搭載している。本体には光音声入力を1系統備えるほか、ノートPCなどをUSBで本体に直接つないで音楽が楽しめる。またポータブルオーディオプレーヤーなどが接続できるアナログオーディオ入力も搭載。Bluetooth対応によるワイヤレスリスニングにも対応している。


フロントサラウンド「SAGE-SGB81」の“津軽塗り”バージョン

下段は「SAGE-SGB81」の通常カラーバージョン
スリムな筐体を持つ3chフロントサラウンドスピーカー「SAGE-SGB81」も展示。本機には「DK-SBR510」同様、同社独自の音場再生方式「EUPHONY」が採用されており、2chの音源から臨場感ある5.1chサラウンド再生が行える。3chスピーカー部とドルビーデジタル、DTS、AAC などサラウンドフォーマットのデコードに対応するアンプ部により構成される。ともに薄型テレビやAVラックとの組み合わせを想定したスリムなデザインとしている。サブウーファー用出力端子も備え、拡張性も持たせている。今回のイベントのため、特別に製作した「津軽塗り」を施したスペシャルモデルも参考出品されていた。

また、フォスター電機とダイマジックの共同開発による高品位再生システム「Tri-Phonic System」を搭載したプロトタイプもいくつかの製品が用意されている。システム共通の特徴は、3本のスピーカーによる自然な定位感と明瞭かつ豊かな響きを持ったサウンドが再現できること。左右のスピーカーで効果音など臨場感をつくり出し、中央のスピーカーでしっかりと定位感のあるセンターチャンネルを再生する。今回のイベントにはデスクトップ、ホームシアター、薄型テレビ、ハイファイオーディオと、それぞれの用途を想定したプロトタイプモデルが並び、それぞれが試聴できるようになっている。

“Tri-Phonic System”のデモ機。こちらはデスクトップ環境を想定したスピーカー

ホームシアターモデル


テレビとの組み合わせを想定したモデル

ハイファイオーディオ用の試作機(写真上)と、同社のプロ用技術を応用したフロントサラウンドスピーカーの試作機(写真下)


EUPHONY MOBILE技術を搭載したヘッドホン用Bluetoothモジュールの試作機も展示している

■聖新陶芸


CASブランドの陶磁器製スピーカー

聖新陶芸が出展した“オブジェスピーカー”
聖新陶芸は富士ソフトアキバプラザ会場の5階にブースを設けている。同社は愛知県瀬戸市に拠点を構え、エンクロージャーに陶磁器を用いたスピーカーシステムを開発・製造している。ブランドネームは「CAS(Ceramics Art Speaker)」。

同社ではパイオニア製ユニット「PE-101A」、デイトン3/4インチドーム型トゥイーターを搭載した「彩雲」や、フォステクス製ユニット「FF85K」を搭載した「ROBO」など、バックロードホーン型のスピーカーシステム5モデルを商品化している。上位機種の「彩雲」は2メートルを超えるホーンを搭載しているという。カラーバリエーションは釉薬を変更して4色の中から選ぶことができる。

■クボテック

クボテックは富士ソフトアキバプラザ会場の5階にブースを構える。同社では新開発の7インチ同軸スピーカーユニットを搭載した新製品「HSP1C07」を出展し、デモ試聴を行っている。


7インチ同軸スピーカーユニットを搭載した「HSP1C07」
「HSP1C07」は小型同軸スピーカー2本と、アクティブ・フェーズ・コントローラー「HAPC01」との組み合わせで最適化したシステムとして販売され、価格は税込105万円。予約販売を既に受け付けており、年内から出荷が開始される予定。

スピーカーには独自のデジタル音楽信号処理技術を用いた「ハイブリッド・ネットワーク方式」が採用されており、全ての周波数帯域で音圧と位相の特性を理想に近づけているという。ユニット構成は7インチのポリプロピレンウーファーと20mmのポリエステル・ドーム・トゥイーターにより成る。外形寸法は320W×340H×240Dmm、質量は11kgとコンパクトな造りに仕上がっている。

関連記事