オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
11月13日・14日・15日にレフィーノ&アネーロにて

DYNAUDIO、新スピーカー「Consequence Ultimate Edition」の試聴会を開催

Phile-web編集部
2009年11月10日
DYNAUDIO JAPAN(株)は、ブランドの名機スピーカーシステム“Consequence”シリーズ新製品「Consequence Ultimate Edition」の試聴会イベントをレフィーノ&アネーロで今週末に開催する。


Consequence Ultimate Edition
2009東京インターナショナルオーディオショウの同社ブースにも出展されて注目を集めた「Consequence Ultimate Edition」は、1983年のConsequenceオリジナルモデル発売以後、2008年まで25年間に渡ってDYNAUDIOの名機として君臨してきた5wayスピーカーシステム(関連ニュース)。このたび最新のEsotarテクノロジーが搭載され、Ultimate Editionとして生まれ変わった。今回は秋葉原のオーディオショップ「レフィーノ&アネーロ」にて、11月13日(金)・14日(土)・15日(日)の2日間に渡って開催されるイベントで、本機のサウンドが堪能できる。

イベントでは著名評論家による講演会の開催も予定されており、14日は14時から、15日は15時からそれぞれ開催される。詳細についてはDYNAUDIO JAPANのショールーム「on and on」のブログ<http://ameblo.jp/on-andon/>をご確認いただきたい。

ブログでは当日、「Consequence Ultimate Edition」をドライブする製品の内容も発表されている。アンプはOCTAVEの「Jubilee Preamp」(プリアンプ)、「MRE130」(パワーアンプ)と、MIRADの「SRA-C20」(プリアンプ)、「SRA-M20」(パワーアンプ)。プレーヤーは「TRANSROTOR Fat Bob60」(アナログ)を中心としたシステムが明らかにされている。他にも今後同社のブログの最新情報として、イベントのリファレンス製品が発表されていく予定なので、ぜひチェックしてみてほしい。またイベント開催期間にはハイエンドショウトウキョウ2009会場に出展されたDYNAUDIOのスピーカー“excite”シリーズの光沢仕上げモデルも試聴できる。

ハイエンドショウトウキョウ2009会場に出展された“excite”シリーズの光沢仕上げモデル

なお、イベント開催期間中にDYNAUDIOのスピーカーを購入された方には、DYNAUDIOがスイスのケーブルメーカー「Huber+Suhner」と共同開発したスピーカーケーブル“OCOS”シリーズがもれなくプレゼントされる。本件詳細については会場でご確認いただきたい。

【問い合わせ先】
DYNAUDIO JAPAN(株)
TEL/03-5542-3545

レフィーノ&アネーロ
TEL/03-3251-1500

関連記事