オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
トーンアームケーブルもラインナップ

オーディオテクニカ、カートリッジの最高峰モデル「AT-OC9/III」などアナログ新製品を発表

Phile-web編集部
2009年10月15日

(株)オーディオテクニカはMC型カートリッジ「AT-OC9/III」など、11月以降に発売されるアナログ関連の09年新製品を一堂に発表した。

・「AT-OC9/III」(MC型カートリッジ)/11月13日発売/¥65,625(税込)


AT-OC9/III
同社MC型カートリッジのフラグシップモデル。特殊ラインコンタクト針と0.26口径ソリッドボロンカンチレバーを搭載する。磁気エネルギーを飛躍的に高めたというネオジウムマグネットとパーメンジュールヨークコイルを用い、ターミナルピンはPCOCC素材。PCOCC素材採用のリード線セットが付属する。

また高セパレーション、ワイドレスポンスのデュアルムービングコイル、不要な振動を抑えるVCモールドを採用。ボディは剛体化設計としている。再生周波数帯域は15〜50,000Hz、針圧は1.8〜2.2g(2.0g標準)、コイルインピーダンスは12Ω(1kHz)。

・「AT-F7」(MC型カートリッジ)/来春発売予定/¥31,500(税込)
・「AT-F3/III」(MC型カートリッジ)/来春発売予定/¥18,900(税込)


AT-F7

AT-F3/III
「AT-F7」は高セパレーション、ワイドレスポンスを特徴とするデュアルムーイングコイル方式を採用したMC型カートリッジ。磁気エネルギーを飛躍的に高めたネオジウムマグネットを採用。「AT-F3/III」は同じ素材を採用するMC型カートリッジのエントリーモデル。「AT-F7」には不要な振動を抑えるVCモールドを搭載。ステンレス製サスペンションワイヤーにより、上位機種に迫る音質を実現しているという。またF7のみPCOCCリード線がセットとして付属する。

・「AT6209PL/1.5」(トーンアームケーブル)/11月13日発売/¥44,100(税込)


AT6209PL/1.5
低抵抗設計でMCカートリッジに最適化したトーンアームケーブル。金クラッド+OFCのハイブリッド導体とし、高音質化を図っている。また「ハイブラー」「レオストマー」により不要振動を抑制したほか、二重シールドでノイズの侵入を抑制、高安定伝送を実現している。グランド線にもハイブリッド導体が使われている。Yラグを含む接点は全て金メッキ仕上げ。下部の狭いプレーヤーのケーブル接続に便利なL型の5ピンプラグを採用し、成形部には音質に優れたテフロンを用いている。

【問い合わせ先】
オーディオテクニカ相談窓口
TEL/0120-773-417
(携帯電話などからは03-6746-0211)
新着記事を見る
  • ジャンルカートリッジ
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番AT-OC9/III
  • 発売日2009年11月13日
  • 価格¥65,625(税込)
●形式:MC型 ●再生周波数帯域:15〜50,000Hz ●チャンネルセパレーション:30dB ●針圧:1.8〜2.2g ●コイルインピーダンス:12Ω ●外形寸法:16.8W×17.3H×25.7Dmm ●質量:8.0g
  • ジャンルカートリッジ
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番AT-F7
  • 発売日2010年春
  • 価格¥31,500(税込)
●形式:MC型 ●再生周波数帯域:15〜50,000Hz ●チャンネルセパレーション:27dB ●針圧:1.8〜2.2g ●コイルインピーダンス:12Ω ●外形寸法:16.8W×17.3H×25.4Dmm ●質量:5.0g
  • ジャンルカートリッジ
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番AT-F3/III
  • 発売日2010年春
  • 価格¥18,900(税込)
●形式:MC型 ●再生周波数帯域:15〜50,000Hz ●チャンネルセパレーション:27dB ●針圧:1.8〜2.2g ●コイルインピーダンス:12Ω ●外形寸法:16.8W×17.3H×25.4Dmm ●質量:5.0g
  • ジャンルその他
  • ブランドAUDIO-TECHNICA
  • 型番AT6209PL/1.5
  • 発売日2009年11月13日
  • 価格¥44,100(税込)
●芯線抵抗:15mΩ/m ●導体断面積:1.27sq

関連記事