オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

<IFA2008:TEAC>iPod/USB対応モデルやハイコンポを展示

2008年08月30日

「Rererence300mkIII」シリーズは、CD、CR-R/RW、MP3ディスクに対応するハイコンポ。スピーカーのカラーも複数用意し、省スペースかつインテリア性にも配慮した
8月25日、日本では約10年ぶりとなるハイコンポ「Reference 380」を発売したばかりのティアック。IFA2008のブースでは、「Reference300」というシリーズが展示されている。

このシリーズは、サイズ約215W×110H×310DmmというコンパクトなサイズのCDプレーヤー「PD-H300mkIII」と35W+35Wの出力を持つプリメインアンプ「AG-H300」と45W+45Wの「A-H300mkIII」、そして2ウェイの小型スピーカーシステム「LS-H255」などから構成されている。チューナーの「T-H300DABmkIII」は、日本とアメリカ以外のほとんどの国で採用されているデジタルラジオ規格であるDAB(Digital Audio Broadcast)に対応するなど、欧州ならではの仕様となっている。

また、欧州でもやはりポイントとなっているのは、iPodとUSB。オーディオメーカー各社が対応モデルを揃えるなか、同社もiPod Dock搭載のCDレシーバー「CR-H227i」や、USB入力を備える「CR-H225」などの意欲作を展示している。

カラーはどの製品も欧州で人気の高いブラックとシルバーを用意。今後の日本での展開も期待したい。

今後、日本での展開も期待したいモデルが多数登場。写真はHDMIに対応したDVDレシーバー「DR-H300」。2.1chスピーカーシステム「LS-W300」と組み合わせて提案

日本でも人気のCDクロックラジオ「SL-D900」なども多数展示され、来場者の注目を集めていた

(オーディオアクセサリー編集部・浅田)

関連記事