DACチップにはPCM1754を採用

ポーカロ・ライン、MicrosharのUSB-DAC「μDAC111」を正式発表

ファイル・ウェブ編集部
2011年06月07日
(株)ポーカロ・ラインは、米国Microshar社製のUSB-DAC「μDAC111」を6月20日より発売する。価格はオープンだが55,000円前後での販売が予想される。

μDAC111

96kHz/24bitに対応し、USBバスパワーで駆動するUSB-DAC。「ハイエンドショウトウキョウ2011スプリング」に参考出展されていたモデル(関連ニュース)が正式に発表された格好だ。

「μAMP109G2」(関連ニュース)などと同様にコンパクトな筐体で、DACチップにはPCM1754を採用。出力はアナログRCA1系統と、S/PDIFデジタル同軸出力を備え、プリメインアンプへの接続やDDコンバータとしても利用できる。

再生周波数特性は5Hz〜40kHz(-0.3dBFS)で、S/N比は108dB以上。WindowsとMac OSどちらでも使用でき、特別なインストールドライバーも必要としない。

【問い合わせ先】
(株)ポーカロ・ライン
TEL/03-5625-3505

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルD/Aコンバーター
  • ブランドMICROSHAR
  • 型番μDAC111
  • 発売日2011年6月20日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格55,000円前後)
【SPEC】●再生周波数特性:5Hz〜40kHz(-0.3dBFS) ●S/N比:>108dB ●入力:USB ●出力:S/PDIFデジタル同軸、RCA

関連記事