オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

<TIAS2007:ハーマンインターナショナル>JBL「S4600」など注目の新モデルを多数展示

2007年10月05日
ハーマンインターナショナルのブースでは、同社が取り扱うJBLやMark Levinson、REVEL AUDIOなどの製品が展示されている。

「S4600」などを使用した試聴デモも行っている

今回の目玉は、先日発表されたJBLの「S4600」(関連ニュース)。S4600は同社のS9800の流れを汲むスピーカーで「JBL色が極めて濃く表れている」(同ブース説明員)製品だ。14インチ径ウーファーを搭載したやや小さめのサイズと、1本483,000円(税込)という価格により、手の届きやすい製品となっているという。ブースでは試聴もできるほか、内部構造がよくわかる構造モデルも展示され、多くの人の耳目を集めていた。

JBL「A660」(左)「S4600」(右)

内部構造がよく分かる構造モデルも展示

ユニットやネットワークの配置を見ることができる

同じくJBLからは“Aシリーズ”(関連ニュース)と、60周年記念スピーカー「LS Series」が展示。

JBL LSシリーズ

JBL Aシリーズ

加えて目を引いたのは、参考出展されていたMark Levinsonのモノラルパワーアンプ「No.53」だ。こちらは詳細なスペックや価格は未定。発売は来春になる予定だという。同ブース説明員によれば「Mark Levinsonが久しぶりに送り出すフラグシップ・パワーアンプ。『No.33L』の流れを汲んだ製品で、ここからMark Levinsonブランドの新たな流れが始まるだろう」とのことだ。

参考出品されていたMark Levinsonのモノラルパワーアンプ「No.53」


REVEL AUDIOの新モデル「ULTIMA2シリーズ」も展示されていた。本製品はユニットからネットワーク、キャビネットに至るまで全パーツを自社開発。JBLのテクノロジーをふんだんに投入した、アメリカン・ハイエンド・サウンドを実現する製品だ。最上位機種の「ULTIMA SALON2」は、200mmの小口径のウーファーを複数搭載することにより、レスポンスが良くキレのある低音再生が可能だという。

REVEL AUDIOの新モデル「ULTIMA2シリーズ」

最上位機種「ULTIMA SALON2」。トゥイーター1、ミッド2、ウーファー3の4ウェイスピーカーだ

「HALCRO」ブランドにも注目だ。アンプに定評のある同ブランドが初めて送り出すユニバーサルプレーヤー「EC800」は10月末発売。シルバーカラーの「EC800」は945,000円(税込)、ブラックカラーの「EC800 MB」は997,500円(税込)となっている。

HALCRO「EC800」

「EC800」の詳細


DD66000も展示されている

昨年に引き続きカットモデルも展示

Mark Levinsonの既発モデルも多数展示

(Phile-web編集部)

関連記事