EiON、JBLとデノン製品を組み合わせた試聴イベントなどを開催

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月12日
福岡のホームシアター専門店であるEiONは、JBLとデノン製品を組み合わせた試聴イベントと、デノンのAVアンプ「AVR-4311」の視聴イベントを開催する。どちらも流し込み形式なので申し込み不要・入場無料。


4312E
■男なら極太サウンド!JBL&DENONオーディオ祭り
・日時:11月19日〜28日
・会場:ホームシアター専門店EioN シアタールーム
・使用機材:
<ピュアオーディオ編>
4305HWX / 4312E / 4319 / 4429 /DCD-1650SE など多数
<ホームシアター編>
MM7055 / MM7025 / Azur650BD / EH-TW4500 / 120inchスクリーン など
・ショップより:
<ピュアオーディオ編>
JBLのコンパクトモニターシリーズ【4305HWX】からスタジオモニターシリーズの新製品【4312E】&【4319】、人気を誇る【4429】を DENON製スーパーオーディオCDプレーヤー【DCD-1650SE】、プリメインアンプ【PMA-2000SE】でセッティングしています。マイCDをご持参の上とことんご試聴していただけます。MarantzネットワークCDレシーバー【M-CR603】との組み合わせによりネットワークオーディオの試聴も可能です。音楽の核心をありのままに表現するスタジオモニター、音楽の楽しさを大きく広げるコンパクトモニター・・・心に残る1台が見つかるかもしれません。イベント期間中にご成約のお客様には、特別価格+素敵なプレゼントをご用意しています。

<ホームシアター編>
JBLサウンドはホームシアターにも絶大なる支持を受けています。映画館ではJBLプロフェッショナル製スピーカーを用いられることが多いこともあり、本格的なシアターシステムを構築される場合、必ずと言って良いほどJBLが候補に挙げられます。今回のデモンストレーションではNew Standard Speakerと銘打ち高い音響性能と洗練されたデザインが目を引くTSシリーズでセッティングしています。メインスピーカーは【TS6000】、センタースピーカー【TS60】、サラウンドスピーカー【TS600】とサブウーハー【L8400PBK】の5.1chシステム。AVアンプは展示中の marantz【AV7005】&【MM7055】の組み合わせです。シアター専門店ですからプロジェクターも!!20万円台で買えるハイコストパフォーマンスモデルEPSON【EH-TW4500】プロジェクターを120インチワイドスクリーンでご覧いただけます。フルハイビジョンの映像美も是非この機会に!!


AVR-4311
■AVR-4311デモンストレーション
・日時:11月25日〜28日
・会場:ホームシアター専門店EioN シアタールーム
・使用機材:AVR-4311 / DBP-4010UD
・ショップより:
HDMI Ver1.4a(3D、オーディオ・リターン・チャンネル)対応の新型AVアンプ「AVR-4311」のデモンストレーションを行います。なんといっても「DENON LINK 4th」対応ということで、対応のプレーヤーをお持ちの方にとってはこの価格帯のアンプを待ってられた方も多いのではないでしょうか!?210W(6Ω、JEITA)全9チャンネル同一クオリティーのディスクリート構成パワーアンプ搭載で最大9.2chをドライブ!!プリアウトは 11.2chあるので、パワーアンプを使うことで更なる多チャンネル化も狙えます。その他、おススメの機能としてはLAN上の音楽ファイルやインターネットラジオの再生ができる「ネットワーク機能」です。DLNA1.5(Digital Living Network Alliance)に準拠しており、PCやNAS(ネットワークHDD)上の音楽ファイルをLAN経由で楽しむことができます。操作もPhoneや iPod touchで本機の操作が可能となる“Denon Remote App”に対応していますので、プレイリストやアーティスト・曲名を見ながら選曲ができる操作は新時代の到来を予感させます。もちろん、インターネットラジオもOK!デモンストレーションでは、それらのネットワークオーディオも体験できます。


【問い合わせ先】
EioN
TEL/092-739-8320

関連リンク

関連記事