オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

エソテリック、高精度マスタークロックジェネレーター「G-0」シリーズ2機種を発売

2007年03月19日
(株)ティアック エソテリック カンパニーは、ハイエンド・マスタークロックジェネレーター「G-0」シリーズの新製品として、ルビジウム搭載モデル「G-0Rb」、高精度水晶搭載モデル「G-03X」を発売する。


G-0Rb

G-03X
ともに発売時期は3月下旬を予定しており、「G-0Rb」が税込1,417,500円、「G-03X」が税込315,000円で発売される。なお、既発売の「G-0」および「G-0 s」にバージョンアップ済みの「G-0」を対象とした、バージョンアップサービスも5月末より順次実施される。受付開始時期は4月末から。実施価格は下記の通りとなる。

・G-0 Rbへのバージョンアップ(VUK-G0RbFP)/¥262,500(税込)
・主要項目のみのバージョンアップ(VUK-G0Rb)/¥210,000(税込)

G-0Rbには周波数精度±0.05ppb=0.00005ppmという米国製のルビジウム発振器を、G-03Xには周波数精度±0.1ppmの高精度水晶発振器を採用している。いずれの発振器とも、音質と安定度を最優先とし、エソテリック専用のカスタムチューンを施した特別仕様としている。

G-0Rbは、水晶発振モードを削除し、超高精度ルビジウム発振器の持つ基本性能を最大限に発揮することが主眼に据えられている。これにより従来の水晶発振器と同じシステム内で使う際にも、電気的影響の排除が実現されるだけでなく、筐体へのルビジウムユニットの最適なマウント方法から見直すことができるメリットがある。ルビジウムユニットからメイン基板への基準クロックの取り出しについても、高純度6N銅線を使用したESOTERIC SMB同軸ケーブルを採用し、いっそう立体感とリアリティのあるサウンドを実現しているという。また、スタンバイ機能が廃止されたことにより、電源経路の直結化が図られたほか、6N銅線による電源配線や高音質コンデンサー、ロジウムメッキ電源インレットなどの新採用による高品位化が行われるとともに、専用のチューニングにより、マスタークロックジェネレーターのフラグシップとしての音質を実現した。


G-0Rbの背面端子部

G-03Xの背面端子部
G-03Xには、水晶発振器の温度を一定に保ち、温度変化による悪影響を排除するOCXO(Oven Controlled Crystal Oscillator)が搭載されている。内部温度を制御する小型恒温槽に水晶振動子と発振回路を内蔵し、水晶発振器としてマイナス20度から70度までの外部温度条件下で±0.1ppmという、極めて高い周波数安定度を実現している。

電源トランスは、G-0Rbでは大容量高効率のWBトランスを、G-03Xでは高品位なRコアトランスをそれぞれ採用している。電源部の平滑ケミカルコンデンサーなど、音質に影響の大きい箇所については、徹底的な試聴を繰り返して厳選した部品が採用されている。

G-0Rbの筐体構造は、エソテリック伝統の高剛性思想を踏襲し、3ブロック構成による剛性の高いシャーシとともに、底板には5mm厚の銅板を採用している。底板の3箇所には焼入鋼ピンポイントフットを配し、理想的な設置環境を構築している。

G-03Xは高さ約90mmのスリムな筐体サイズを実現。筐体構造については剛性の高い肉厚アルミ材を採用し、クロック精度に影響を与える微小振動を極小とするとともに、発振器のポテンシャルを最大限に活かせるよう設計されている。

全ての機能はフロントパネルに配した数個のボタンだけで簡単に操作ができ、表示部の視認性を高めて、動作状況が一目で確認できるようになっている。両機種ともにディスプレイはOFFも含む3段階で調節ができる。背面接続端子にはエソテリックオリジナルのBNC端子を搭載し、確実なコンタクトを実現している。また、周波数表示部は、従来製品のG-0sの7セグLED方式に代わり、LCDディスプレイを採用し、視認性を向上させている。

基本の周波数系列となる44.1kHz/48kHzの1/2/4倍の周波数が独立して出力できる仕様をとなっており、G-0Rbは48kHzより4%遅いPAL FILM用周波数である48Pにも対応する。各系統には出力端子を2つずつ設け、最大6台の機器にワードクロックが供給できる。使用しない系統については出力がオフでき、不要な干渉の発生による音質劣化にも配慮した設計となっている。

オーディオとビジュアルを結ぶシンククロックには、エソテリックが独自に策定したユニバーサルクロックを搭載する。対応機器にユニバーサルクロックを供給することで、音声をはじめ、映像までもが超高精度発振器により一元管理することが可能になっている。

外部から10MHzの基準信号を入力することができる端子も搭載された。超高精度セシウム原子発振器などを接続することで、さらなるシステムアップを図ることができる。

【問い合わせ先】
AVお客様相談室
TEL/0570-000-701

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドESOTERIC
  • 型番G-0Rb
  • 発売日2007年3月下旬
  • 価格¥1,417,500(税込)
【SPEC】●発振器出力:44.1kHz/88.2kHz/176.4kHz(44.1kHz系列)、48kHz/96kHz/192kHz(48kHz系列) ●UNIVERSAL CLOCK系列:100kHz/96kHz ●PAL FILM系列:46.08kHz/96.16kHz/184.32kHz ●精度:±0.05ppb(=±0.00005ppm) ●出力安定時間:主電源投入時、ルビジウム発振器安定まで約10分、FREQUENCY MODE切替出力安定まで10秒以内 ●入力周波数:10MHz±10ppm以内 ●消費電力:81W(最大)、31W(安定時) ●外形寸法:442W×153H×351Dmm ●質量:18kg
  • ブランドESOTERIC
  • 型番G-03X
  • 発売日2007年3月下旬
  • 価格¥315,000(税込)
【SPEC】●発振器出力:44.1kHz/88.2kHz/176.4kHz(44.1kHz系列)、48kHz/96kHz/192kHz(48kHz系列) ●UNIVERSAL CLOCK系列:100kHz ●精度:±0.1ppm以内 ●出力安定時間:主電源投入時、ルビジウム発振器安定まで約2分、FREQUENCY MODE切替出力安定まで30秒以内 ●入力周波数:10MHz±10ppm以内 ●消費電力:12W(最大)、7W(安定時) ●外形寸法:442W×97.5H×353Dmm ●質量:9.1kg

関連記事