オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

エソテリック、ブランド20周年記念のSACD/デジタルプリメインを発売

2007年03月12日
(株)ティアック エソテリック カンパニーは、ESOTERICブランドの生誕20周年を記念したSACDプレーヤー「SA-10」、プリメインアンプ「AI-10」を3月下旬に発売する。「SA-10」は336,000円、「AI-10」は367,500円(いずれも税込)。

両機は、今年1月の2007 CESで初披露されたモデル(関連ニュース)。同社ラインナップの中では、エントリー〜ミドルクラスに位置づけられるモデルだ。

●SACDプレーヤー「SA-10」

SA-10


「SA-10」は、スーパーオーディオCD/CD/CD-R/CD-RWの再生が可能。アナログオーディオ出力は2チャンネルのみで、XLRとRCAを1系統ずつ備える。デジタル出力は光と同軸が各1系統。SACDのマルチチャンネル出力は、オプションで装備できるi.Link端子で行える。オプションの価格は未定。

ドライブメカは、VRDSではなくVOSP(Vertically aligned optical stability platform)を採用。メカは筐体のセンターに配置している。

光ピックアップには、P-01/P-03でも採用されている、同社独自の高性能軸摺動型ピックアップを搭載した。レンズを移動させた際もレーザー光源が絶えず垂直方向を維持するので、高精度な信号読み取りを実現している。

オーディオDACはシーラスロジック社製の192kHz/24ビット製品「CS4398」をデュアルモノ構成で搭載。アナログ出力もデュアル・モノ構成としている。

電源部には大型トロイダルトランスを搭載。また、同社製品らしく外部からのワードシンク入力にも対応。44.1/88.2/100/176.4kHzの入力が可能となっている。

筐体は、フロントだけでなく天板と側板にもアルミ材を採用。天板は5mm厚、側板は4mm厚とすることで振動を抑えている。また、天板と側板にはビスが使われておらず、外観のスタイリッシュさを強調している。

●デジタルプリメインアンプ「AI-10」

AI-10


定格出力120W+120W(8Ω)のデジタルプリメインアンプ。デジタルアンプ部には、TI社のPWMプロセッサーを採用し、これにエソテリックのDA変換技術とクロック技術を組み合わせた。

MOS-FETには、高速・大電流の最新素子を採用。また、205VAの大容量トロイダル・トランスや、片チャンネルあたり36,000μF(18,000μF×2個)の大容量コンデンサーを搭載している。

アナログ入力は RCAが3系統、XLRが1系統。RCAのうち1系統は、背面のスイッチでPHONOに切り替えられる。デジタル入力は同軸、光を各1系統ずつ備える。SACDのデジタルマルチチャンネル入力が行えるi.Link端子は、SA-10と同じくオプションとなる。

また、スピーカー端子は独WBT社の「WBT-0735」を採用し、Yラグにも対応している。

筐体は、SA-10と同じくアルミ製。天板に5mm厚、側板に4mm厚のアルミ材を採用したのも同じ。直線を主体とした、シンプル&クリーンなデザインにまとめている。

なお、両機にはそれぞれアルミボディの自照式リモコンが同梱される。

【問い合わせ先】
AVお客様相談室
TEL/0570-000-701

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドESOTERIC
  • 型番SA-10
  • 発売日2007年3月下旬
  • 価格¥336,000(税込)
【SPEC】●再生可能ディスクフォーマット:スーパーオーディオCD/CD/CD-R/CD-RW ●アナログオーディオ出力: XLr (2ch)×1系統、RCA (2ch)×1系統 ●周波数特性:5Hz~80kHz (スーパーオーディオCD、DSDモードダイレクト時) ●S/N比:130dB (スーパーオーディオCD、1kHz、JEITA) ●ダイナミックレンジ:107dB (スーパーオーディオCD、1kHz、JEITA) ●歪率:0.001% (スーパーオーディオCD、1kHz、JEITA) ●デジタルオーディオ出力:光デジタル×1、RCA×1 ●マルチチャンネル出力(オプション):i.LINK(AUDIO)端子/4ピン×1、 i.LINK(AUDIO)端子/6ピン×1 ●ワードシンク入力:BNC端子×1 ●入力可能周波数(矩形波):44.1、88.2、176.4、100kHz ●消費電力:18W ●外形寸法:442W×149H×353Dmm(突起部を含む) ●質量:約12kg
  • ブランドESOTERIC
  • 型番AI-10
  • 発売日2007年3月下旬
  • 価格¥367,500(税込)
【SPEC】●アナログ入力:RCA×3系統(うち1系統はPHONO/LINE切換可能)、XLR×1系統 ●デジタル入力:RCA×1系統、光×1系統、i.LINK(AUDIO)端子/オプション (4ピン×1、6ピン×1) ●デジタル入力フォーマット:リニアPCM (44.1/48/88.2/96/176.4/192kHz, 16~24bit)、 DSD (i.LINK) ●ワード出力端子:BNC端子×1系統 ●スピーカー出力端子:スクリュータイプ(WBT)×1系統 ●定格出力:120W+120W (1kHz、8Ω負荷)、150W+150W (1kHz、4Ω負荷) ●全高調波歪率:0.08%(1kHz、8Ω負荷) ●周波数特性:5Hz~95kHz/-3dB (1W出力、8Ω負荷) ●S/N比:110dB以上 (JEITA) ●消費電力:135W ●外形寸法:442W×149H×383Dmm(突起部を含む) ●質量:14.5kg

関連記事