オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

デノン、人気アナログプレーヤーをモデルチェンジした「DP-1300MKII」を発売

2006年12月27日

DP-1300MKII
デノンは、アナログプレーヤー「DP-1300M」をモデルチェンジし、「DP-1300MKII」として2007年2月中旬に発売する。価格は189,000円(税込)。カートリッジは別売りとなる。

前モデルのDP-1300M(製品データベース)は、2003年6月に発売された人気製品。久々に発売された本格的な国産アナログプレーヤーとして話題となった。すでにDP-1300Mの生産は終了している。なお、1300Mと同時に発表された下位機種の「DP-500M」は、今後も発売を継続する。

新モデルのDP-1300MKIIは、1300Mで採用したオーディオ技術を踏襲しながら、さらにクオリティを高めたモデル。

プレーヤーのキャビネットには、同社のスピーカー「SC-CXシリーズ」と同様、MDFをベースに、天然木突板セミグロス仕上げを採用し、高級感を演出。天然木仕上げにしたことにより、振動やハウリングを抑制する効果も実現しているという。また、キャビネット側面には無垢材を使用。これも剛性を高めることに寄与している。なお、大型キャビネットに合わせて、インシュレーターも大型のものを採用した。

ターンテーブルは、直径331mmと大型のアルミダイキャスト製。裏面全体にシリコンラバーでデッドニング処理を施し、ハウリング特性を高めた。また、ホログラム振動解析により表面形状を求めたターンテーブルシートも付属。レコードの振動を抑え、良好なホールド性能を実現している。

また、モーター内部に設けたスリットを通過する光パルスの間隔で制御するクォーツロックサーボを採用。制御系に芯ズレの無い、高精度な回転が可能になった。さらに、4.5kgというハイトルクなモーターを開発することで、0.3秒という高速な立ち上がりを実現している。

トーンアームは、6mmの範囲で高さ調節が可能。アームベースやヘッドシェルなど各種パーツにアルミダイキャストを採用し、剛性を高めている。また、内部配線材には高純度6NOFCを採用するなど、細部まで音質重視の設計が施されている。

【問い合わせ先】
株式会社デノンコンシューマーマーケティング
宣伝部 
TEL/03-6731-5540

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドDENON
  • 型番DP-1300MKII
  • 発売日2007年2月中旬
  • 価格¥189,000(税込)
【SPEC】
<ターンテーブル部>
●駆動方式:サーボ式ダイレクトドライブ ●回転数:33・1/3、45rpm ●ワウ・フラッター:0.1%以下(WRMS) ●起動時間:0.3秒以内で規定回転(33・1/3rpm時) ●ターンテーブル:アルミダイカスト径331mm(裏面振動吸収ラバーによる防振処理) ●負荷特性:針圧80gで0% ●回転数偏差:±0.003%以内
<トーンアーム部>
●アーム形式:スタティックバランスS字型パイプアーム ●有効長:244mm ●オーバーハング:14mm ●トラッキングエラー:3°以内 ●アーム高さ調節範囲:約6mm ●針圧調整範囲:0〜4.0g (1目盛 0.25g ) ●適合カートリッジ重量:14.0〜20.0g(ヘッドシェルを含む)
<総合>
●消費電力:10W ●寸法:490W×178H×400Dmm(突起物含む) ●質量:14.5kg

関連記事