オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

山本音響工芸、昇圧トランス&音質改善アクセサリーを発売

2006年06月12日
山本音響工芸(株)からMCカートリッジ用昇圧トランス「SUT-02」、およびセッティングベース「MGB-1」が発売される。


SUT-02
■低インピーダンスMCカートリッジ用昇圧トランス「SUT-02」

「SUT-02」は低インピーダンスMCカートリッジ用の昇圧トランスだ。モノラルで1個52,500円(税込)、ステレオ用として2個で105,000円となる。同社製昇圧トランス「SUT-01」の技術を引き継ぎながら、小型化とシールド効果、防振性能などを向上させている。

最大の特徴は、通常ステレオ2chぶんの昇圧トランスが1個のケースで製造されるところ、2個のトランスを完全に分離させ、それぞれをケースに封入して仕上げた点だ。アルミ合金のブロックを削り出したケースの中にトランスユニットを封入し、最短距離で配線している。ケースの中には高強度な加熱硬化型の高絶縁、高強度なエポキシ樹脂を含浸させている。トランスケースは美しさと経年変化への強さを備えるシャンペンゴールド色アルマイト仕上げとしている。トランスユニットはほとんど振動の影響を受けず、微細な振動の影響から解放された状態となりMCカートリッジの極めて小さな信号も拾い上げることができる。

本機のトランスユニットは前モデルで得たコアや巻線技術を引き継ぎ、同じ100ミクロン厚のスーパー・パーマロイコアを採用し、テフロンの絶縁紙を使って巻いている。SUT-01では外径形状の大きなコアを採用していた点を変更し、断面積をより大きくし、外径を小さくして磁路を短くするように変更している。これにより、外径が小さくなり、新型のアンプへの組み込みも可能としている。トランスの巻線はタップを出さず、入出力とも1個のみとして遊び端子によるSN比の劣化などを抑えている。

振動の影響をほ とんど受けないようにしっかりしたケースを採用しました。このケースの裏面には4隅にM2.6のネジを切り、ユーザー自身で好みのベースなどをこの部分に止めて使うことができる。アンプ内に組み込む場合も、このねじ穴で止めることができる。本機に適合するカートリッジのインピーダンスは1~5Ω。その増幅率は20倍に設計されている。


MGB-1
■セッティングベース「MGB-1」

本製品は同社として初めてマグネットの反発を利用し、使用機器をフローティングするという構成を採用した音質改善アクセサリーだ。価格は4個入りで39,900円(税込)。

マグネットには保持力の高いネオジウムマグネットを採用し、1個のベースあたり約2kgから10kgまでと、重量のある機器にも使用することができる。本製品ではマグネットの反発作用を利用し、上に乗せた機器をフローティングさせることができるようになっている。また、上下に三点支持のセラミックスペーサーを組み合わせており、上に設置された機器がポイント支持され、より明瞭な再生音を得ることができるようになる。

本体は制震効果が高く、響きの美しさで評価の高いアフリカ黒檀材を採用する。木部の仕上げにはエコ塗料を用いて仕上げている。


【問い合わせ先】
山本音響工芸(株)
TEL/0794-62-5655

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランド山本音響工芸
  • 型番SUT-02
  • 発売日2006年6月
  • 価格¥52,500(1個・税込)
【SPEC】型式:低インピーダンスMCカートリッジ用昇圧トランス ●昇圧比:1対20 ●適合インピーダンス:1〜5Ω ●周波数特性:10〜100,000Hz ●外形寸法:60W×64H×80Dmm ●質量:580g
  • ブランド山本音響工芸
  • 型番MGB-1
  • 発売日2006年6月
  • 価格¥39,900(4個・税込)
【SPEC】●材質:アフリカ黒檀、ネオジウムマグネット、セラミックスペーサー ●耐荷重:1個あたり2kg〜10kg ●外形寸法:直径59mm 、高さ:58.8mm 〜47mm ●質量:210g(1個)

関連記事