オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

アクシス、WADIAのCDプレーヤー「Wadia861Basic」を発売

2003年05月19日
Wadia 861Basic
●アクシス(株)は、ワディアのCDプレーヤーの「Wadia861Basic」を5月下旬より発売する。価格は 980,000円。

本機は、2000年夏発売「Wadia861」を元に、デジタル入力とデジタル出力のボードを取り去ってシンプルにしたCDプレーヤー。

CDメカのVRDS方式「CMK-3.2」や32倍(1.4112MHz)オーバーサンプリング/デジマスターアルゴリズムを採用するDACボードはWadia861と同様で、位相直線性と過渡応答に優れた新I/Vサーキットの“スイフトカレント”と24bitDACを備える。

また、デジタルコントロールを司るROMは861Basic専用のものが採用され、電源投入時にディスプレーウインドウに”861Basic”の表示が現れる。
                                      
本機は、後からDigital IN/OUTボードの追加アップグレードを行なうことも可能。予価¥420,000(INのみ、OUTのみは不可)。

【問い合わせ】
アクシス株式会社
TEL:03-5410-0071

(Phile-web編集部)

関連リンク

新着記事を見る
  • ブランドWADIA
  • 型番Wadia861Basic
  • 発売日5月下旬
  • 価格¥980,000
【SPEC】
●CDトランスポート・メカニズム:CMK3.2(無振動リジット・ディスク・クランピングシステムVRDS)
●デコーディング方式: デジマスター・32倍リサンプリング
●デジタル処理能力: 24bit
●分解能:21bit
●アナログ出力(ステレオ):バランス(XLR)及びシングルエンド(RCA)
●出力レベル(0dB基準):2.1Vrms(内部スイッチによる5段階の設定が可:4.2V、2.1V、1.1V、0.6V、0.3V)
●出力インピーダンス:15Ω以下
●消費電力:25W
●外形寸法:432W×178H×406Dmm
●質量:22kg

関連記事