<山本敦のAV進化論 第118回>

話題の「4K/HDR」環境は約20万円で手に入る! お手頃システムを組んで試してみた

山本 敦

前のページ 1 2 3 4 次のページ

2016年12月15日
■4K/HDR導入のタイミングは今!

今回はいま話題の4K/HDRコンテンツを手軽に楽しむために必要な機器や、いま見られる4K/HDRコンテンツにどんなものがあるのか紹介していきたい。冬休みが間近に迫るいまこそ、わが家に4K/HDRシアターを導入してみてはいかがだろうか。

4K/HDRコンテンツをお手頃価格で楽しめるシステムプランをご紹介しよう

HDRは「High Dynamic Range(ハイダイナミックレンジ)」の略称。いま最も一般的で、通常のテレビやBlu-rayディスクでも見られる映像を「SDR(Standard=標準ダイナミックレンジ)」とするならば、HDRの映像にはSDRよりもさらに幅広い色彩に輝度、コントラストの情報が含まれている。

HDR対応のカメラで記録した豊富な色彩・輝度情報を含む映像データは、従来のSDR対応のディスプレイ機器では技術的な限界があったために間引かれて表示されてたが、HDR対応のディスプレイ機器に映せば、人が目で見たままの情景により近いリアルな映像の世界が体験できる。

HDRの代表的な技術方式には、先行して普及を広げる「HDR10」のほか、米ドルビー・ラボラトリーズが開発した「Dolby Vision(ドルビービジョン)」があり、それぞれ対応しているコンテンツや映像機器が異なる。

なおドルビービジョンに対応するテレビは、日本国内ではLGエレクトロニクスのみが発売している。

4K/HDRの高精細な映像が楽しめるUltra HD Blu-rayのディスク作品は、今のところHDR10で収録されているものが中心だが、ドルビービジョンのコンテンツもNetflix、ひかりTVが配信開始した。技術方式の違いから生まれる画質の差を見比べてみるのも面白い。

■4K/HDR対応機器はどれくらい充実してきた?

さて、では現在4K/HDRが楽しめる映像機器やコンテンツにはどのようなものがあるのだろうか。テレビについてはソニー、パナソニック、東芝にシャープなど大手メーカーが、国内で販売する中上位機種を中心に4K/HDR対応テレビを積極的に展開してきた。LGも4K/HDR対応のラインナップを国内向けに揃えている。

どんな4K/HDRコンテンツがある?

前のページ 1 2 3 4 次のページ

関連記事