フォノイコも内蔵

ティアック、Bluetoothスピーカーなどと接続可能なアナログプレーヤー「TN-400BT-SE」

2022/01/19 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ティアックは、Bluetoothトランスミッターを内蔵したアナログプレーヤー「TN-400BT-SE」を、1月22日より発売する。価格はオープンだが、税込65,780円前後での実売が予想される。

「TN-400BT-SE」

ベルトドライブ方式のアナログプレーヤーで、回転スピードは33 1/3、45、78rpmに対応する。コーデックとしてAAC/SBC/aptXに対応したBluetoothトランスミッターを内蔵しており、Bluetoothヘッドホンやスピーカーなどにワイヤレス伝送して音楽再生できることを特徴とする。MM型フォノイコライザーアンプも搭載し、フォノ入力を非搭載のアンプなどとも接続できる。

使用イメージ。Bluetoothヘッドホンなどに音声をワイヤレス伝送できる

また、アルミ・ダイキャスト製プラッターや、ユニバーサル型ヘッドシェル、アンチスケーティング調整機構付きスタティックバランス型S字トーンアームの採用など、基本性能を重視して設計している。

ライン/フォノ出力端子は酸化に強い金メッキ端子を採用。キャビネットにはMDF素材を使用するほか、脚部は振動吸収ラバー部品を採用したアルミ製とするなど制振性を高めた。カートリッジとしてオーディオテクニカ社製のVM型(MM型)「AT95E」を付属する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE