オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
今春よりサンプル配布

日清紡マイクロデバイス、「MUSES」シリーズ初の高音質電源ICの開発を開始

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2022年01月06日
日清紡マイクロデバイス(株)は、高音質オーディオデバイス「MUSES」シリーズにおいて、初の電源ICの開発を開始することを発表した。

MUSESシリーズ

同社は2022年1月1日付けで、新日本無線(株)とリコー電子デバイス(株)が統合して誕生した会社。今後は両者の強みを生かし、MUSESシリーズを引き続き開発していくとしている。

新日本無線が開発をスタートしたMUSESシリーズは、「高品位で原音に忠実な音を再現し、感性に響く音の追求」をしたオーディオ専用デバイスとなっており、これまでにオペアンプと電子ボリュームをラインナップしてきた。

このシリーズに、リコー電子デバイスの電源IC技術を活用したラインナップが新たに追加される形となる。超低ノイズと高リップル除去率といった電気的特性を向上させるだけでなく、音質を優先した回路構成とチップレイアウトを実施。専用の製造プロセスにより、音質にこだわった組み立て技術を採用するとしている。

電源ICのサンプルの配布は2022年春頃を予定、生産開始は2023年夏頃を予定しているという。

関連記事