オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
自作ケーブルにも適用可能

ティグロン、手持ちケーブルに独自バーンイン技術を施す「H.S.E.トリートメントサービス」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年09月06日
ティグロンは、ユーザーの手持ちのケーブルに対し、ティグロンケーブルに標準装備される独自バーンイン技術「H.S.E.」を施すサービスをスタートした。自作ケーブルなどティグロン製品以外でも利用することができる。価格は13,200円(税込)。

ティグロンが独自に開発した「H.S.E.トリートメント」を自作ケーブルなどでも利用可能に

H.S.E.処理は、プログラムされた0〜100kHzまでの広帯域な信号や、特殊な電流を導体に一定時間流すことにより、導体に流れる電気信号の可動域を広げ、ケーブル本来の音質を引き出すことが可能になるというもの。処理後には、取り外し可能な識別用タグが取り付けられる。

「H.S.E.トリートメントサービス」の対象となるのは、RCA/XLR/スピーカー/電源ケーブル等のアナログケーブル全般、USB/LANケーブル等のデジタルケーブル、イヤホンリケーブル、またコネクタや電源タップ等にも使用できる。

なお、フィルター等の電子部品がついているものや10mを超えるもの、端末加工がされていないものや著しい破損が見られるものについては受け付けることができない。

処理日数の目安は2日。ティグロンの公式ウェブサイトまたは販売店で申込みを受け付ける。

関連記事