ダイヤモンド研磨によって鏡面状態になるまで磨きあげる

オーディオリプラス、“スーパーサーフェイス”仕様のカートリッジスペーサー「RCS-25-SS」

2021/06/17 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
オーディオリプラスは、既発売のカートリッジスペーサー「RCS-25HR」の“スーパーサーフェイス”仕様となる「RCS-25-SS」を6月21日から発売する。価格は42,900円(税込)。

AUDIO REPLAS「RCS-25HR-SS」

“スーパーサーフェイス”仕様とは、マシニングによって切削したガラスのブロックを、表面に熱をかけずにダイヤモンド研磨によって鏡面状態になるまで磨くことで、分子レベルでフラットにすることができるとしている。

「RCS-25-SS」の材質はHG-HRハイレスポンス超純度石英ガラスで、カートリッジとシェルの接触面を“スーパーサーフェイス”仕様にすることで、トレース時の音楽信号が正確かつ超低歪みになるとしている。

サイズは15W×2.5H×25Dmm、質量は約2g。チタンネジ3種類(8mm、12mm、15mm)と特殊樹脂ナットが付属する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE