2000年設立のインターネットラジオサービス

BLUESOUND、インターネットラジオ「Radio Paradise」のMQA試聴に対応

2021/04/06 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
(株)PDNは、同社が取り扱うBLUESOUNDのBluOS搭載機が、MQAエンコードで配信されるインターネットラジオ局「Radio Paradise」の試聴に対応することを発表した。


Radio Paradiseは2000年に設立されたリスナー支援型のインターネットラジオサービスで、現在「RP Main mix」「RP World/Etc Mix」「RP Rock Mix」「RP Mellow Mix」の4つのチャンネルを配信している。ブラウザからも試聴できるが、BLUESOUNDの製品を使用して試聴すると、MQAクオリティでの再生が選択できるようになる。多くは44.1kHz/16bitのCDクオリティの音源となるが、一部24bitのハイレゾ音源も配信されるという。

Paradise Radioの再生画面

Radio Paradiseの創設者であるビル・ゴールドスミス氏は、「音楽愛好家として、またオーディオファイルとして、44kHz/16bitのマスターしかない場合でも、MQAでエンコードされた音楽のパフォーマンスの違いを聴くことができたのは画期的なことでした」とコメントしている。

なお、この対応はBluOSを搭載するハードウェアにおいて実施されるため、今後はNAD Electronics、DALI、Monitor Audio、Roksan、Peachtree、PSB SpeakersなどのBluOS対応デバイスでも試聴可能となる。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック