最新アナログ回路「OptimaLoop」を搭載

iFi audio、MQAフルデコード対応フラグシップポタアン「micro iDSD Diablo」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年01月18日
トップウイングサイバーサウンドグループは、同社が取り扱うiFi audioより、MQAフルデコード対応のDAC内蔵ポータブルアンプ「micro iDSD Diablo」を2月5日から発売する。価格は105,000円(税抜)。

iFi audio「micro iDSD Diablo」

micro iDSD Diabloは、iFi audioのDAC内蔵ポータブルアンプのフラグシップモデルとなり、DSDは22.5MHz、PCMは768kHzまでに対応する。デジタル入力はUSB typeAとS/PDIF、出力端子は4.4mmフルバランス・ヘッドホンと、6.3mmシングルエンド・ヘッドホン、それに4.4mmバランス・ライン固定出力も搭載。なお、MQAフルデコードにはUSB、S/PDIFの両入力で対応する。

デジタル入力はUSB typeAとS/PDIFを搭載

ヘッドホン出力は3段階(Eco/Normal/Turbo)のゲイン切り替えが可能で、高感度なIEMから低能率なヘッドホンまで幅広く対応するとしている。

Turbo、Normal、Ecoの3段階のゲイン調整が可能

独自のフェムト精度クロック「GMT(Global Master Timing)」をアップグレードすることで、さらなる低位相ノイズを実現したとのこと。また、アナログ回路には新たに「OptimaLoop」回路を搭載、負帰還回路で発生するフィードバック誤差歪み、位相シフト、群遅延などを最小化しているという。

入出力端子と接続方法

これまでのiFi audioの製品同様、2つのバーブラウン製DACチップを用いてデュアル・モノバランスで駆動。また新世代XMOS16コアチップを採用し、iFiオリジナルファームウェアにより動作の最適化を図っている。

内蔵バッテリーはリチウムポリマー 4,800mAhで、USB type-Cで充電する。バッテリー電圧+3.7Vから1.2MHzのスイッチング周波数で+/-15V電源を生成することで、優れたリニア特性と超低ノイズを実現するという。またバッテリー充電用にiPower 5Vを付属する。

サイズは166W×25H×72Dmm、質量は330g。周波数特性は10Hz - 80kHz、SN比はバランス出力時で-120dB、シングルエンド出力時で-114dB。THD+Nはバランス時0.002%、シングルエンド時0.001%となっている。

関連リンク

関連記事