オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
G1からの有償アップグレードも提供

エソテリック、クリスタル振動子を採用の旗艦クロック「Grandioso G1X」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年03月01日
エソテリックより、フラグシップとなるマスタークロックジェネレーター「Grandioso G1X」が発売となる。価格は2,000,000円(税抜)、4月1日の発売。なお、既発売の「Grandioso G1」を本機相当にバージョンアップするアップグレードサービスも提供する。

ESOTERIC「GrandiosoG1X」

「Grandioso G1X」は、安定した発振を得られるという最大サイズのSCカット・クリスタル振動子を採用。エソテリックのディスクリート技術により生まれたクロック・モジュール「Master Sound Discrete Clock」を搭載しており、BNC端子による10MHzのクロック出力を5系統搭載する。

GrandiosoG1Xの背面パネル。5系統の10MHz出力を搭載する

背面の出力端子それぞれに設置されたスイッチで、グラウンドを常に0Vに保つ「アダプティブ・ゼログラウンド」と「ノーマル」を選択できるようになっている。

真空断熱技術を用いた大型チャンバーにより、クリスタル振動子および周辺回路の温度を安定化。専用マイコンでプログラムされたヒーターにより、きめ細やかな温度管理を実現している。

GrandiosoG1Xの内部

クリスタル振動子、回路、ヒーターそれぞれに専用電源を用意し、クロックを担う大型のトロイダルコアとシステム制御用EIコアのWトランス構成により、相互干渉を抑えクリーンな電流を供給するという。

また、筐体もGrandioso X Editionに進化しており、電源トランスと基板をマウントするシャーシを分離するほか、ボトムシャーシはスリット加工を施し振動を抑制している。またトップパネルは音の解放感を引き出すためセミフローティングとなっている。

Grandioso G1からのアップグレードサービス「VUK-G1X」では、クロックモジュールと出力基板をすべて交換。こちらの定価は800,000円(税抜)で、4月1日より受付を開始する。

関連リンク

関連記事