オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
新品供給を優先

リン、KATALYSTへのアップグレードを一時中止。旭化成工場火災を受け

ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2020年11月19日
リンジャパンは、LINNのシステムに搭載されるDACソリューション「KATALYST」へのアップデートについて、11月13日をもっていったん受付中止した。10月に発生した旭化成マイクロシステム社の工場の火災を受け、AKMのDACチップの供給が困難になったことが原因としている。

独自にカスタマイズした旭化成のAKM4497を使用しているLINNのKATALYST

一定数のDACチップの在庫は確保してあるとのことだが、安定した新品製品の供給のため、アップデートは一時的に中止となる。今後アップグレード再開のめどが立ったところで、改めて再開のアナウンスをするとしている。

なお、11月13日までに申し込まれたユーザーのアップグレードについては通常通り対応するとのこと。

アップグレードを一時中止するのは以下のモデル
・KLIMAX DSM、KLIMAX DS
・AKURATE DSM、AKURATE DS
・SELEKT DSM -DAC部アップグレード
・KLIMAX EXAKTBOX
・AKURATE EXAKTBOX -I /6/10(3機種全て)
・KLIMAX EXAKT 350
・EXAKT AKUBARIK
・EXAKT AKUDORIK

関連記事