オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
レジェンド、内沼映二氏インタビューも!

『analog 69号』本日発売!メイン特集は「心の友は和ものレコード」「カートリッジの新定番を掘り出せ!」

  • Twitter
  • FaceBook
季刊analog編集部
2020年10月02日
本日10月2日、全国の書店およびAmazonや富士山マガジンサービス等のネットショップにて、最新刊『analog 69号』が一斉発売となった。

10月2日全国一斉発売『analog69号』¥1,527(税別)

第一特集は、「心の友は、和ものレコード」。analog誌のメイン読者の青春時代を彩った70〜80年代の和ものレコードを中心に、その魅力を最大限に引き出すためのアナログオーディオの使いこなしを紹介するというもの。アイドル歌謡、シティポップ、演歌・流行歌の3章にわたり、それぞれの論客がマイベストレコードを挙げつつ、それらのオーディオ再生について掘り下げている。特集内には、日本の歌謡界のヒット曲を軒並み手掛けたレコーディング・エンジニア、内沼映二氏のインタビューも。

「心の友は、和ものレコード」

第二特集としては、エントリークラスから多くのアナログファンが基準とするようなカートリッジを見つける特集 「カートリッジの新定番を探せ!」。10万円以下の20機種、石原 俊氏と田中伊佐資氏の対談形式によるレビューを展開している。

10万円以下20モデル試聴対談「カートリッジの新定番を探せ!」

このほか、今季の新製品や注目モデルを詳細にわたって紹介。オールカラー記事でお届けする国内唯一のアナログオーディオ専門誌である季刊『analog』。 秋の夜長のお供に、ぜひとも手にとってお読みいただきたい。

「レコード悦楽人登場!」

関連記事