オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ケーブル長は2.0m

トライオード、ディップフォーミング無酸素銅導体/HSE処理採用の電源ケーブル「TR-PS2」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:杉山康介
2020年07月16日
トライオードは、ディップフォーミング無酸素銅採用の電源ケーブル「TR-PS2」を7月17日に発売する。価格は20,000円(税抜)。

TR-PS2

ディップフォーミング無酸素銅の導体にHSE処理を施した電源ケーブル。自然で癖がなく、透明かつ瞬発力のある音を実現した、「 アンプ本来の性能を引き出すコストパフォーマンスの高い」モデルと説明する。

ディップフォーミングは素材の銅を中心から外側に向かって凝固させることで、銅中のガスや酸素が抜けやすく鋳造欠陥ができにくいという製造方法。こうして製造された銅線に、プログラムされた直流〜100kHzまでの広帯域な信号や特殊な電流を導体に一定時間流すことで、活性化を促すとともに導体周囲の絶縁物層のストレスを解消するというエージング処理HSE(Hyper Saturated Energizer)を組み合わせている。

3芯構造で、被覆にはウルトラフレックスPVCを採用。導体の酸化を防ぐためにあえてモールドタイプの3Pソケット・プラグを装備したという。3P-2P変換プラグも付属。ケーブル長は2.0mとなる。

関連リンク

関連記事