オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
3月と6月に60台ずつ、計120台限定販売

Carot One、“黒い”プリメイン「ERNESTOLO 50k LIMITED」。真空管とオペアンプにヴィンテージ品を採用

編集部:杉山康介
2020年02月14日
ユキムは、同社が取り扱う伊Carot Oneのプリメインアンプ「ERNESTOLO 50k EX」の限定モデル「ERNESTOLO 50k LIMITED」を、3月より数量限定発売する。価格は89,000円(税抜)で、数量は3月と6月にそれぞれ60台ずつ、計120台限定で販売される。

ERNESTOLO 50k LIMITED

同ブランドのERNESTOLO 50k EXをベースとしつつ、プリアンプ部の真空管とオペアンプにヴィンテージ品を採用。「その音は久しく触れていなかった温もりと快活さに満ちたもので、とても手のひらサイズのアンプが発揮するパフォーマンスとはにわかに信じがたい」と同社はアピールする。

真空管はムラード「CV4003/M8136」で、1970年代に製造され軍の通信用に保管されていたものを、信頼のおけるルートで輸入し、検品も合格した最高級品だという。

ヴィンテージのムラード「CV4003/M8136」を搭載

オペアンプはTIに買収される前のバーブラウンが製造したものを2回路化基板に実装し、デュアル回路構成にしたという「OPA627AU」。バーブラウン製のロットは現行品とプロセスルールが違うため、内部配線が太く、溌剌としたサウンドとのこと。

オペアンプの「OPA627AU」

また同ブランド製品はこれまでニンジンをイメージしたオレンジカラーを採用していたが、本製品はブランド初のブラックカラーを採用。外径寸法は76W×75H×150Dmm(突起物含む)で、質量は1.1kg。製品は日本国内でアッセンブル調整されて出荷される。

本機の背面部

関連リンク

関連記事