オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
スピーカーだけで総額1000万円超えのシステム

アバック新宿本店、B&W“800シリーズ”で“究極のマルチチャンネル”を構築する試聴会を11月16日開催

編集部:杉山康介
2019年11月07日
アバックは、B&Wの“800シリーズ”でマルチチャンネルを構築する「『B&W』全ラインナップ展示記念試聴会」を11月16日(土)に新宿本店で開催する。イベントは13:00〜14:00と15:00〜16:00の二部構成で、定員6名の事前予約制。

B&W“800シリーズ”で「スピーカーだけで1000万円を超える」マルチチャンネルを構築

試聴会では「究極のマルチ体験!」と題し、B&W「800D3」をフロント、「802D3」をリア、「DB1D」「DB2D」をダブルウーファーに使った800シリーズのマルチチャンネルを構成。スピーカーのみで総額1000万円を超える夢のマルチチャンネルシステムだとしている。

また同店によれば、800シリーズのスピーカー自体はいつでも試聴できるが、本試聴会はパワーアンプにマッキントッシュの「MC462」「MC312」、マランツの「MM8077」を使用した“今回の試聴会でしか聴けない特別仕様”とのことだ。

イベントの参加予約は専用ページから可能で、当日の成約特典としてスペシャルイベント特価が用意されるとする。詳細は以下の通り。

『B&W』全ラインナップ展示記念試聴会

日時:11月16日(土)1部13:00~14:00/2部15:00~16:00
定員:6名(事前予約制)
会場:アバック新宿本店シアター1(サウンデリア)
司会進行:D&Mスタッフ・アバックスタッフ

使用機材
フロントスピーカー:B&W 「800D3」
センタースピーカー:B&W「HTM1D3」
リアスピーカー:B&W「802D3」
トップスピーカー:UNISONIC「AHT-650IW」
スーパーウーファー:B&W 「DB1D」
スーパーウーファー:B&W「DB2D」
AVプリアンプ:marantz「AV8805」
パワーアンプ:McIntosh「MC462」
パワーアンプ:McIntosh「MC312」
パワーアンプ:marantz「MM8077」

関連記事