オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ヘッドホンやモニターSPも

<HIGH END>FOCAL、“ネオレトロ”を掲げた40周年記念スピーカー「Spectral 40th」。世界400ペア限定

編集部:小澤貴信
2019年05月10日
世界最大規模のハイエンドオーディオ見本市「HIGH END MUNICH 2019」が現地時間9日(水)にミュンヘンで開幕。仏のオーディオブランド FOCAL(フォーカル)は、同社の創立40周年を記念したラインナップ“40th Collection”として、スピーカーシステムなどを発表した。

40周年記念シリーズ“40th Collection”の発表会を開催

“40th Collection”は、スピーカーシステム「Spectral 40th」「Scala 40th」、ヘッドホンパッケージ「Symphonie 40th」、カーオーディオ・パッケージ「F40th」、製作向けアクティブスピーカー「Solo6 Be 40th」の5機種だ。

なかでも注目なのは、新規開発された3ウェイ/バスレフ型のスピーカーシステム「Spectral 40th」だろう。本機は、「Spectral 913.1」など1990年代のフォーカル(JM Lab)を象徴するスピーカーからインスピレーションを受けて開発。同社は本機を「ネオレトロ・スタイル」だと標榜する。価格は10,000ドル/ペアで、世界400ペア限定となる。欧州や米国では6月の発売を予定している。

「Spectral 40th」

特徴的なのは、現在のフォーカルの家庭用スピーカーでは用いられていない、黄色のアラミド繊維(いわゆるケブラー)によるスピーカーユニット「K2 Powerサンドイッチコーン」をウーファーに用いたことだ。トゥイーターにも、やはりアラミド繊維を用いた、M字型インバーテッドドーム・トゥイーターを搭載する。また、“Powerflow”ベントシステムを用いることで、より深い低音を実現したという。

トゥイーターにもアラミド繊維振動板を採用

フロントバッフルはハイグロス・ラッカー仕上げ、サイドパネルはウォールナットで仕上げられている。また、フロントバッフルは厚さが約5cmあり、フロントバッフルと内部の仕切り板が平行にならない独自構造と併せて、剛性の強化と自然な減衰を可能にする。

先日、同社ヘッドホン「STELLIA」の発表会で日本にも来日したFOCALのAurele Docquin氏は、「ネオレトロ・スタイルということで、あえて最新のフォーカルとは異なる音作りを目指している。よりあたたかみのある音で、ベースもより強力だ」と本機のサウンドを説明してくれた。

「Scala 40th」は、同社のハイエンドスピーカー「Scala Utopia EVO」の特別仕様モデルで、わずか4ペアのみの生産となる。価格は80,000ドルで6月発売を予定している。サイドパネルに硝酸銀を用いた特殊な鏡面仕上げを採用。この仕上げのために非常に高価な専用の処理機器を同社工場に導入したとアピールされていた。

「Scala 40th」

「Symphonie 40th」は、密閉型ヘッドホンのフラグシップ「UTOPIA」と、開放型ヘッドホンのフラグシップ「STELLIA」を、まるで化粧台のようなボックスに収めたヘッドホンパッケージ。価格は15,000ドル、発売時期は2019年秋を予定。世界で40セット限定となる。

「Symphonie 40th」のパッケージ。もはや家具だ

「UTOPIA」と「STELLIA」がセットに

ヘッドホンだけでなく、同社の据え置き型ヘッドホンアンプ/DAC「Arche」、Questyleのポータブルプレーヤーも同梱。さらにはリケーブル、ヘッドホンスタンドなども納められている。

抽出にヘッドホンアンプやケーブルも納められている

「F40th」は、ピュアベリリウム・トゥイーターやフラックスコーン・ウーファーといったプレミアムクラスのスピーカーユニット、5chアンプ、オーディオプロセッサーを同梱したカーオーディオ用のパッケージとなる。「Solo6 Be 40th」は、同社のプロスタジオ向けの2ウェイ・アクティブスピーカー「Solo6 Be」の特別モデル。サイドをレザー仕上げている。

「F40th」

「Solo6 Be 40th」

今回の発表会では、40周年記念モデルに併せて、同社のハイエンドスピーカー「UTOPIA III EVO」シリーズおよび「SOPRA」シリーズに、ウッド仕上げモデルが追加されることが発表された。

SOPRAシリーズはオーク仕上げで、ライトオークとダークオークの2つを用意。「Scala Utopia Evo」と「Maestro Utopia Evo」はNoyerと呼ばれるウォールナット仕上げでこちらも2色を用意する。

Utopia/SOPRAシリーズのウッド仕上げモデル群

デモスペース/発表会会場にもウッド仕上げモデルを用意

また、会場にはフラグシップ「Grand Utopia EVO」のウッド仕上げモデルも展示。本機にはブラジル産の非常に貴重な木材が用いられ、価格は通常モデルの3倍程度になる見込みだという。

「Grand Utopia EVO」のウッド仕上げモデル

関連記事