オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
西陣織の絹サランネットを採用

クリプトン、漆塗りスピーカー「KX-0.5UR/UB」を約10万円値下げ

編集部:平山洸太
2019年03月15日
(株)クリプトンは、漆塗りのエンクロージャーと西陣織の絹サランネットを採用したブックシェルフススピーカー「KX-0.5UR」「KX-0.5UB」の価格改定を、本日3月15日より実施する。

「KX-0.5UB」

「KX-0.5UR」

従来の価格はどちらも400,000円(税抜/ペア)だったが、価格改定により298,000円(税抜/ペア)と値下げされる。なお引き続き同社直販サイトでの取扱となる。

価格改定の理由として、特徴である “漆塗り” を「高価な工芸品としてだけでなく、工業製品として広く活用してもらいたい」とする産地の願いと、「この素材を使った商品を広く普及させたい」という同社の思いが合致、両者の協力により、低価格化を実現したと説明されている。

本製品は漆塗りのエンクロージャーと西陣織の絹サランネットが特徴のスピーカーで、2ウェイ密閉型。朱塗り仕上げの「KX-0.5UR」と、溜塗り仕上げの「KX-0.5UB」の2モデルがラインナップ。漆を刷毛で塗り、乾燥させて木炭で研ぐ、伝統的な技法が使われているという。

また3月30日(土)に東京国際フォーラムにおいて、視聴会『KRIPTON MEETING 「漆の奏で」試聴会』を実施。開始時間は14:00からで、実施場所はG605会議室となっている。詳細は同社公式サイトに掲載予定としている。

関連記事