オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
DS→DSMコンバートプログラムの復活も

リン、レコードプレーヤー「MAJIK LP12」のトーンアームを変更。価格は据え置き

編集部:小澤貴信
2018年12月20日
リンジャパンは、アナログレコードプレーヤー「MAJIK LP12」が、トーンアームを刷新した新仕様になることを発表した。なお、これに伴う価格の変更はない(430,000円/税抜)。

「MAJIK LP12」

新採用されたブラック仕上げのスタティックバランス型ストレートアームは、標準アームボードに搭載可能で、なおかつピラー固定方式にも同社伝統の方式を採用しているとのこと。なお、アーム以外は従来と同様となっている。

また、同社はネットワークプレーヤー「DS」について、HDMIなど多様な端子を備えた「DSM」へコンバートする有償プログラムを期間限定で実施する。本プログラムは2018年10月に完了していたが、今回、2019年2月28日までの期間限定で復活する。

KLIMAX DS(世代を問わず)を「KLIMAX DSM/2」にコンバートする場合は1,300,000円(税抜)、AKURATE DSを「AKURATE DSM/3」へコンバートする場合は500,000円(税抜)となる。

ほか、LP12用のドライブベルトが7,000円(税抜)へ、オイルが1,500円(税抜)へ価格変更されたこともアナウンスされた。

関連リンク

関連記事