オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
アコースティックラボ「蔵前ヴィレッジ」にて

“高音質な部屋”づくりを考える試聴会、来週末10月26日・27日に開催。真空管アンプのデモも

編集部:小野佳希
2018年10月17日
防音工事会社のアコースティックラボは、「部屋の吸音特性(残響時間特性)について考える」をテーマに、オーディオに適した部屋づくりのポイントを解説する試聴会「第55回 Acoustic Audio Forum」を10月26日・27日に開催する。

■日時
 10月26日(金)18時〜20時(17時開場・自由試聴時間)
 10月27日(土)14時〜16時(13時開場・自由試聴時間)

■会場:同社蔵前ヴィレッジ
 台東区柳橋2-19-10 第二東商センタービル2号館B棟1階
 参加申し込み受付メールフォーム

蔵前ヴィレッジ試聴室
 
オーディオファン向け物件を多数手がける同社が、これまで培ったノウハウをもとに “音がいい部屋” を構築するためのノウハウを解説するイベントの最新回。上記したテーマ「部屋の吸音特性(残響時間特性)について考える」に沿って解説や音出しデモを行う「オーディオルームの音響アラカルト」パート、同社が注目しているオーディオ機器を紹介するパート、同社が過去に手がけた実例紹介パートという3つのパートで展開される。

同社では「前回と前々回は、低音域のクセや低音域内特性の状態を把握し、その対策に有効なもので、スピーカーのセッティングやリスニング位置を最適位置に調整するというものだった。一方でステレオフォニック再生においては、低音域再生の在り方は重要な要素でありますが、中高音の在り方もまた、重要であることは言うまでもない」と、今回のテーマ設定の理由を説明。

これから順次4回に分けて「吸音と反射の割合(最適残響時間)」「壁面の吸音と反射による再生音場パターン」「天井面と床面の吸音と反射による再生音場パターン」「低音・中音・高音の帯域周波数バランス」をそれぞれ考えていくという。

そして今回は上記テーマに基づき、「1.残響時間の測定とは」「2.吸音(反射)と残響時間の関係」「3.部屋の各面の吸音(反射)」「4.家具・什器・ものによる吸音」「5.最適残響時間とは」という流れでイベントを進行するとしている。

同社注目機器の紹介パートでは、「魅惑の真空管オーディオの愉しみ」と題してサンバレーの直熱3直管845シングルアンプが登場。同社ショールームのリファレンススピーカーであるB&W 802D3を駆動する。そのほか、施工事例紹介パートではモニタースタジオを例に挙げる予定だとしている。

会場となる蔵前ヴィレッジは、同社がそのノウハウを注ぎ込んで構築した“音がいい防音室”。なお、金曜日、土曜日の両日とも基本的な内容は同一。公式サイトのメールフォーム、または下記問い合わせ先から参加申し込みを受付けている。

【問い合わせ先】
アコースティックラボ
担当:草階(くさかい)氏
TEL/03-5829-6035
E-mail/kusakai@acoustic-designsys.com

関連記事