オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
エンクロージャー構造を一新

ELAC、スピーカー「400シリーズ」の後継モデル「VELA 400.2シリーズ」を11月発売

編集部:成藤正宣
2018年10月05日
ユキムは、ELACブランドのスピーカー新モデル「VELA 400.2シリーズ」2モデルを11月より発売する。

ラインナップ
・フロア型「VELA FS 407.2
ブラック・ハイグロス/ホワイト・ハイグロス仕上げ:¥660,000(ペア/税抜)
ウォルナット・ハイグロス仕上げ:¥700,000(ペア/税抜)
・ブックシェルフ型「VELA BS 403.2
ブラック・ハイグロス/ホワイト・ハイグロス仕上げ:¥330,000(ペア/税抜)
ウォルナット・ハイグロス仕上げ:¥350,000(ペア/税抜)

「VELA FS 407.2」

「VELA BS 403.2」

同ブランドの従来モデル「400シリーズ」の後継となるスピーカーで、今年5月にドイツ・ミュンヘンで開催された「HIGH END 2018 MUNICH」出展の製品が、日本でも発売を決定したかたち(関連ニュース)。

従来モデルからデザイン、内部構造を一新し、「先進ドライバーユニットのポテンシャルを引き出すきめ細かな改良を施した」というモデル。エンクロージャーは詳細な研究のもとに設計され、フロント・バッフルの調整による時間軸の整合や、堅牢なアルミ・ダイキャストベースによる振動音の抑制などが図られている。

フロア型のVELA FS 407.2ではエンクロージャー内部を5つの部屋に仕切っており、平行面を排除して定在波を防いだほか、下部2つの部屋に風切り音を起こさないグラスファイバー製デュアル・フレアポートを装着している。

ドライバーユニットの性能を引き出すため、エンクロージャー設計の詳細な研究を行ったという

トゥイーターには同ブランドが伝統的に採用するペンディング・ウェーブ方式「JET V トゥイーター」を採用。従来モデルよりクロスオーバー周波数を下げ、トゥイーターの再生周波数帯域を広げている。ウーファーはクルトミューラー・ペーパー・コーンにアルミニウム・コーンを重ねた150mm AS-XR(アルミ・サンドイッチ)ウーファーを搭載。ラバーサラウンド・エッジを拡大し、ロングストローク・モーションのレスポンスを高め、パワーハンドリング性能を向上させたとする。

そのほか、ネットワークは大型空芯コイルによって磁気歪みを排除したウーファー専用基盤と、高品位パーツを採用したトゥイーターを分離して構成し、干渉を防止。ウーファーの逆起電力をキャンセルするバイワイヤリング接続にも対応する。また、VELA FS 407.2のウーファーはスタガー接続の2.5ウェイ構成としており、上部ウーファーのカット周波数は2.4kHz、下部ウーファーのカット周波数は450Hzに設定している。

VELA FS 407.2はJET V トゥイーター×1、150mm AS-XRコーンウーファー×2の2.5ウェイバスレフ構成。再生周波数特性は30Hz〜50kHz、能率は88dB、定格入力は130W。推奨アンプパワーは40〜300W。外形寸法は229W×1000H×266Dmm、質量約19.1kg。

VELA FS 403.2はJET V トゥイーター×1、150mm AS-XRコーンウーファー×1の2ウェイバスレフ構成。再生周波数特性は41Hz〜50kHz、能率は86dB、定格入力は70W。推奨アンプパワーは40〜200W。外形寸法は191W×362H×240Dmm、質量約7.1kg。

関連リンク

関連記事