オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
コンセントベースとの整合性を高めた

フルテック、特殊素材で静電/制振効果を高めたコンセントカバー「105.1 NCF」

編集部:平山洸太
2018年09月27日
フルテックは、コンセントカバーのフラグシップモデル「105.1 NCF」を10月5日に発売する。価格は19,900円(税抜)。

「105.1 NCF」

全ての素材に非磁性素材が採用されたコンセントカバーで、現行機種である「105-D NCF」の後継機種という扱い。105-D NCFからの変更点として、表面をマッド調とすることで傷を受けにくくし、さらに四つ角のサイズと厚みを修正することで、コンセントベース「GTX Wall Plate」との整合性を高めている。

樹脂プレートには静電対策として、特殊素材ナノ・クリスタル・フォーミュラ(NCF)を調合し、静電気によるノイズを除去を図った。

さらに機能性樹脂をベースとした特殊制振素材に、ナノ単位のセラミックパウダー、カーボンパウダーを調合する『ネオダンパーテクノロジー』を採用。くわえてカーボンファイバーシートを重ねることで、さらなる制振効果を目指した。ノイズの発生を抑えることで、静寂感が高まり、埋もれていた音源本来の魅力を引き出すという。

仕上げはNCFカーボンファイバーシートとなる。また壁コンセント「GTX-D NCF/GTX-D/FPX series」との併用で、相乗効果を発揮すると説明されている。

外形寸法は、約72.6W×117.1H×4.5Dmm、質量は約42.5g。付属品の接続ネジは、M4×12mmのサイズで、ステンレス製となる。

関連記事