オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
2018年春-夏に登場予定

<IFA>パナソニック初のSACDプレーヤー登場へ。Technicsブランド新製品として開発中

編集部:風間雄介
2018年08月30日
パナソニックはIFA 2018の同社ブースにおいて、Technicsブランドの新製品プロトタイプとして、SACD/ネットワークプレーヤー試作機を展示していた。

まだ型番も未定で、発売時期は2019年春から夏頃を予定しているという。価格も決定していないが、Grandクラスの製品のため、同シリーズ製品と同等の価格帯で登場するだろうとTechnics CTOの井谷哲也氏は語る。

SACD/ネットワークプレーヤーの試作機(上)

前から見たところ

パナソニックとして初めてのSACD再生機で、シングル/ハイブリッドの2ch再生に対応する。なお、DVDオーディオは再生できない。

SACDだけではなくネットワークプレーヤーとしても活用でき、Wi-Fiを搭載。AirPlayにも対応するほか、Bluetoothレシーバー機能も備える。

ハイレゾ音源の再生のほか、MQAにも対応。Chromecast Built-In対応もしている。そのほかSpotifyやTIDAL、インターネットラジオのストリーミングも可能だ。

本体中央にドライブメカを配置。右側にはディスプレイのほか、ヘッドホンボリュームや入力切換などを一つでまかなえるマルチコントロール用ジョグダイヤル、再生系ボタンなどを装備している。

左側には電源やヘッドホン端子、USB端子を装備

右側にはマルチコントロール用ジョグダイヤル、再生系ボタンなどを装備

筐体左側には電源ボタンのほか、ヘッドホン出力、USB端子を装備。また背面にはRCAアンバランスとXLRバランスの、2系統の2chオーディオ出力端子を備えるほか、デジタル入出力端子は、どちらも光/同軸を1系統ずつ装備している。

背面にはRCAアンバランスとXLRバランスの、2系統の2chオーディオ出力端子を備える

まだ型番も決まっていないため、登場まではまだ時間がかかりそうだが、パナソニックとして初めてSACDを再生できるプレーヤーとして話題になりそうだ。

関連記事