オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
予約受付中

オーディオ哲学宗教談義シーズン2「存在とはメンテナンスである」、第2回が3月31日に開催

季刊analog編集部
2018年03月09日
サウンドクリエイト ラウンジで開催されている、哲学者・黒崎政男氏と宗教学者・島田裕巳氏による公開対談「オーディオ哲学宗教談議」。昨年夏に行われた内容が非常に好評だったことを受け、2018年2月からシーズン2がスタート。そして、その第2回が3月31日(土)に行われる。

サウンドクリエイトラウンジの名物イベントなった「オーディオ哲学宗教談義」

シーズン2のメインテーマは「存在とはメンテナンスである」。物が存在するということは、使い続けるがゆえ。使い続けるということは、常にメンテナンスするということ。オーディオ機材にも当てはまる興味深いテーマである。

今回は、サブテーマとして「ストリーミングとストレージ」、「デジタルとアナログ」という展開も予定されている。

使用機器はリンLP12の新製品「URIKAII」にスポットを当てる。URIKAIIは、デジタル領域で限りなく正確なRIAAカーブを実現するLP12専用の内蔵型フォノイコライザー。EXAKT LINKでリンのDS/DSM/EXAKT DSMに接続して使用する。

システムは、リンKLIMAX EXAKT 350と、ヴィンテージスピーカーの2種類。ヴィンテージスピーカーはオクターブのアンプと組み合わせて再生を行う。

3月31日は14時半開場、15時開演。申し込みはサウンドクリエイトの専用フォームから。

オーティオ哲学宗教談義 Season2 第2回
「存在とはメンテナンスである」
■登壇者:哲学者・黒崎政男氏 宗教学者・島田裕巳氏
■日時: 2018年3月31日(土)14時半開場 15時開演(2時間、休憩あり)
*30分延長が予想される
*第3回は4月28日(土)15時〜17時を予定
■場所:サウンドクリエイト ラウンジ 東京都銀座2-3-5 三木ビル5階
■予約:TEL 03-5524-5828 または問い合わせフォームより

関連記事