店内に生木の桜を展示、撮影も可能

ソニーストア札幌がオープン1周年、初音ミクが特別映像で記念イベントを案内

編集部:押野 由宇
2018年03月14日
ソニーストア札幌は、 2018年4月1日にオープン1周年を迎えるにあたり、3月24日(土)から4月8日(日)まで『ソニーストア札幌1周年祭』 を開催する。

『ソニーストア札幌1周年祭』が開催

イベントでは、札幌とゆかりのある「初音ミク」が1周年祭のイベントを紹介するオリジナル動画を制作。ハイレゾレコーディングマイク「C-100」を使用したスペシャルバージョンの音声で、店頭で公開される。

初音ミクがイベント内容を紹介する(画像は昨年のもの)

同じく初音ミク関連で、3月7日にワーナーミュージック・ジャパンよりBlu-ray、 CD、 ハイレゾ音源でリリースされた『初音ミクシンフォニー2017 〜Miku Symphony 2017〜オーケストラ ライブ』を、店舗2Fのシアタールームで大画面スクリーンと迫力の音響システムにより体感できるプログラムを用意。オーディオコーナーではこれらの楽曲の一部を最新のウォークマンやヘッドホンで試聴できる。

『初音ミクシンフォニー』の試写・試聴会も実施

3月25日(日)の13:00〜14:00には、ウォークマン「NW-ZX300」開発担当者によるトークショーを開催。製品の内部構造、素材やパーツの話などが予定されているという。

また、開花調整ができるプラントハンターの西畠清順氏の「そら植物園」の協力により、ひと足早く咲いた生木の桜を店内に展示。デジタル一眼カメラαシリーズで撮影できる。なお、満開は3月31日(土)〜4月1日(日)頃、4月6日(金)〜7日(土)頃を予定とのこと。

店内で桜の撮影が行える

カメラ関連イベントとして、3月24日(土)〜25日(日)にはデジタル一眼カメラ「α7 III」の瞳AF機能を体験できるモデル撮影会、イベントスペースでは3月24日(土)に佐藤健寿氏、25日(日)に沼澤茂美氏がそれぞれ登場するトークショーを実施する。

3月31日(土)〜4月12日(木)には井上浩輝氏・谷田洋史氏による写真展を開催するほか、4月1日(日)および8日(日)には両氏によるトークショーが実施される。

さらに、札幌市がホームタウンのB.LEAGUEに所属するプロバスケットボールチーム「レバンガ北海道」の牧全(まき ぜん)選手と、北海道在住の写真家 上村将幸氏によるトークショーも実施。

「レバンガ北海道」の牧全選手

上村将幸氏

ほか、3月13日にオープンしたホッキョクグマ館の一般公開前に、 飼育員が撮影した貴重な映像を公開、小学生とその家族を対象に音の伝わるしくみやプログラミングを体験できる春休みワークショップなど、地域と連携したさまざまなイベントを企画する。

ホッキョクグマ館の飼育員が撮影した映像を公開

イベントによっては事前予約優先となるため、詳細は『ソニーストア札幌1周年祭』特設ページを参照のこと。

関連記事