オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ソルボセイン製造元が作った製品

三進興産、ソルボセインを採用したハイブリッド素材のインシュレーター「SSI-001」

季刊・オーディオアクセサリー編集部
2018年02月20日
三進興産(株)は、衝撃吸収素材ソルボセインを採用したオーディオ用インシュレーター「SORBOTHANE SOUND SSI-001」を発売する。価格は3個セットで49,800円(税抜)。

ソルボセイン/インシュレーター「SORBOTHANE SOUND SSI-001」49,800円(税抜、3個セット)

ソルボセインはサウンドチューニング用としてオーディオファンから高い人気を誇る、衝撃吸収/圧力分散性能に優れた素材。同社は長年ソルボセインの製造に携わっており、SSI-001は同社が自ら手がけた、初のオーディオ用インシュレーターとなる。

上部に金メッキ仕上げの真鍮、中部に中音の厚みを出す黒檀、下部に8mm厚のソルボセインを使用する3層構造。上部と中部の間には細目ネジを切った支柱を配置し、高さの微調整も可能。主にスピーカーでの使用を考慮した設計となっている。

金メッキ仕上げの真鍮と黒檀の間に中心支柱を配置し、高さ調整が可能。下部に8mm厚のソルボセインが設置されている

外形寸法は直径35mm、高さ24〜28mm。質量は約81g(1個)で、耐荷重は1個あたり約13kg。

なお、同モデルに関しては2月21日より発売される『オーディオアクセサリー168号』で詳細なレポートを掲載中。レポートを担当した福田雅光氏は、ソルボセインのオーディオ用途としての効果を最初に提唱した人物。そんな同氏がソルボセインの素材としての魅力と、新登場したインシュレーターの実力を徹底検証している。

最新刊『オーディオアクセサリー168号』にて詳細なレポートを掲載している

関連リンク

関連記事